競馬マスターズ
2019年05月26日15:09 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - 函館スプリントステークス予想

 

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  ロードダルメシアン 007  96
1 2  シーイズトウショウ 386  98
2 3  イーグルスウォード 135  95
2 4  ティエッチグレース 535  94
3 5  ナイトフライヤー  980  96
3 6  ゴールドメーカー  349  −−
4 7  トールハンマー   271  94
4 8 ◎ ゴールデンロドリゴ 246  96
5 9  ディープサマー   202  98
5 10  カリプソパンチ   701  94
6 11  プレシャスカフェ  117  99
6 12  ボールドブライアン 522  93
7 13  スターリーヘヴン  642  94
7 14  アタゴタイショウ  036  96
8 15  ブルーショットガン 146  94
8 16  フェリシア     312  98

 このレースにて予想されるベストの適性は「145」で、消耗戦を想定。脚質的には先行馬が15%優勢。まず函館の芝1200mは、JRA全10場でも有数の「差しが利く芝1200m」なのよね。つまりそれは先行して実績を残してきた馬のアドバンテージが少なくなるっとことでもあるわけだ。先日紹介した「前半3ハロン32秒0のG1馬」ショウナンカンプとカルストンライトオも、このコースで負けてたりするね。

 そうなると注視すべきはシッカリと差せる脚を持つ馬。…プレシャスカフェだよねぇ。京王杯SC(G2・14着)回顧で「好調期間が終わったような気のない走り、当分の間好走はない」とか書いたんだけど、こうなると迷っちゃうねぇ。でも一瞬迷ってはみたけど、単勝2倍ちょっとならイラナいや。未練もない。

 それなら差し脚自慢のゴールデンロドリゴを狙ってみるとか。昨年の同レース2着、北海道の競馬場とは相性がいいんだよね。CBC賞(G2・2着)での2番手追走にはびびったけど、今回それは望まない。いつも通りのペースでいつも通りの差し脚を見せてくれれば、いつもの芝1200mコース以上に差し込んで来れるんじゃないかと、そんな感じの期待で。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.