競馬マスターズ
2018年05月20日15:08 競馬Masters RSS




岡村信将
競馬予想の帝王学
ラップタイム解析講座
関東サンスポ予想記事
ラップギア☆ブログ
  岡村信将プロフィール
よしながえいじ
勝ち馬決定!バランスシート
赤丸急上昇!
期待の値上がり2歳馬
  よしながえいじプロフィール 
島崎リョウコ
必勝傾向!重賞偏差値
  島崎リョウコプロフィール
マツダワタル
馬のきもち
  マツダワタル プロフィール
村沢和英
モニター調教師の相馬眼
ライター気分の
”こんなのってあり”
  村沢和英 プロフィール
編集部
競馬リンク紹介

単行本 ラップギア

単行本 ラップギア種牡馬系

競馬リンクなび

2018年05月20日(日)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - オークス

 新怪物の誕生が期待される今年のオークス、主役は新種牡馬・ロードカナロア産駒の(13)アーモンドアイ。桜花賞の直線、後続を引き離していく(2)ラッキーライラックを大外から交わして行く姿に、多くのファンは唖然とさせられたはずだ。<記事全文へ>

2018年05月19日(土)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 平安S

 現在のところ、JRA唯一の1900m重賞となっている平安ステークス。ここは前年同レースを圧勝した(6)グレイトパールと、その(6)グレイトパールの休養中に破竹の勢いで台頭し、そのままダート界をけん引する存在となった(5)テイエムジンソク<記事全文へ>

伝達事項

[ 岡村信将 ] 告知!! - 競馬最強の法則WEB ラップギア

 毎度、岡村です(写真左の人)。このたび、競馬最強の法則WEBにて、JRA土日全レース全馬 (新馬、障害戦を除く) のラップギア適性値データ(瞬3平1消0みたいなヤツ) を掲載して頂くことになりました。出走全馬の瞬発指数や、過去5走のラップギア (▼4▼4△7みたいなヤツ) も付いています。何はともあれ、時間のある方は一度ご覧になってみてください。すごい出来です。

2018年05月13日(日)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ヴィクトリアマイル

 春の古馬女王を決めるマイル戦、ヴィクトリアマイルは今年もフルゲートの18頭立て。第1回の06年以来、ウオッカやブエナビスタが単勝1倍台の支持を集めた年も含め、ずっと17頭以上の多頭数をキープし続けている。<記事全文へ>

2018年05月12日(土)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 京王杯SC

 本日の東京メーンはG1・安田記念への重要なステップとなる京王杯スプリングカップ。今年は一長一短で、いかにも票が割れそうなメンバー構成となったのだが、予想ソフトの本命も上位人気が予想される各馬で分かれることになりそうだ。<記事全文へ>

2018年05月06日(日)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - NHKマイルカップ

 本日の東京メーンは第23回のNHKマイルカップ。例年1番人気の単勝オッズが4倍台、5倍台になることも珍しくないG1なのだが、それらと比較すると今年は人気の付き方がハッキリとした年だと言えそうだ。<記事全文へ>

2018年05月05日(土)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 京都新聞杯

 ダービーへの最終切符を巡る争いとなる京都新聞杯。厳密な意味では翌日のNHKマイルが(賞金的に)最終便となるのだろうが、そちらはあくまで別路線。同じ京都、秋の菊花賞も見据え、未完の大器がここに集結した。<記事全文へ>

2018年04月29日(日)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 天皇賞(春)

 出走馬レベルの低下が囁かれつつも、近年はゴールドシップやキタサンブラックなど、毎年現役最強クラスが出走していた天皇賞(春)。しかし今年は唯一のG1馬が(11)シュヴァルグラン、しかも重賞未勝利馬が出走枠の半数近くを占める陣容となってしまった。<記事全文へ>

2018年04月28日(土)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 青葉賞

 1ヵ月後の日本ダービーと同じ、東京芝の2400mで行われる青葉賞。このトライアルをステップにダービーを制覇した馬はまだ現れていないのだが、シンボリクリスエスやゼンノロブロイの時代から、このレースをきっかけに世代のトップまで駆けあがった<記事全文へ>

2018年04月22日(日)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - マイラーズC

 本日の京都メインは安田記念へ向けてのステップとなるマイラーズカップ。現状マイル路線の主役格である(4)エアスピネルが、並みいる新興勢力を退けることができるのか。そういった感じの構成ということになりそうだ。<記事全文へ>

2018年04月21日(土)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 福島牝馬S

 本日の福島メーンは牝馬限定重賞の福島牝馬S。この時期の牝馬路線は、今まで重賞戦線を賑わしていた実績馬が繁殖に上がり、手薄なメンバーになりやすい。来たるべきG1戦線に向けて、4歳馬にとっては登竜門になってくるのだろう。<記事全文へ>





競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.