競馬マスターズ
2020年10月25日15:24 競馬Masters RSS




岡村信将
競馬予想の帝王学
ラップタイム解析講座
関東サンスポ予想記事
ラップギア☆ブログ
  岡村信将プロフィール
よしながえいじ
勝ち馬決定!バランスシート
赤丸急上昇!
期待の値上がり2歳馬
  よしながえいじプロフィール 
島崎リョウコ
必勝傾向!重賞偏差値
  島崎リョウコプロフィール
マツダワタル
馬のきもち
  マツダワタル プロフィール
村沢和英
モニター調教師の相馬眼
ライター気分の
”こんなのってあり”
  村沢和英 プロフィール
編集部
競馬リンク紹介

単行本 ラップギア

単行本 ラップギア種牡馬系

競馬リンクなび

2020年10月25日(日)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 菊花賞

 三冠達成の瞬間を見逃すまいと意気揚がる今年の菊花賞競走。2歳夏から続いた長い戦いが、ここでひとつの終着点を迎えることになる。予想ソフトの印を見ても、実績で他を圧倒する(3)コントレイルに◎が並ぶのは当然のこと。<記事全文へ>

2020年10月24日(土)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 富士S

 東京メインの富士ステークスは、G1・マイルCSへのステップと位置づけられるG2戦。3歳トップマイラー始動戦として定着してきたレースだが、過去の成績を洗いなおしてみると、決して3歳馬に有利なレースとは言えないところ。<記事全文へ>

伝達事項

[ 岡村信将 ] 告知!! - 競馬最強の法則WEB ラップギア

 毎度、岡村です(写真左の人)。このたび、競馬最強の法則WEBにて、JRA土日全レース全馬 (新馬、障害戦を除く) のラップギア適性値データ(瞬3平1消0みたいなヤツ) を掲載して頂くことになりました。出走全馬の瞬発指数や、過去5走のラップギア (▼4▼4△7みたいなヤツ) も付いています。何はともあれ、時間のある方は一度ご覧になってみてください。すごい出来です。

2020年10月18日(日)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 秋華賞

 今年は(13)デアリングタクト一色に染まる秋華賞。1943年に、現在で言うダービー、オークスと菊花賞を無敗で制したクリフジの存在はあるのだが、(13)デアリングがこの秋華賞を勝つようなら、それに匹敵する偉業にもなるのだろう。<記事全文へ>

2020年10月17日(土)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 府中牝馬S

 G3時代はエリザベス女王杯に繋らないレースと言われていた府中牝馬Sだが、G2に格上げされてからは傾向が一変。特に近4年などは、女王杯連対馬8頭のうち7頭が、前走でこの府中牝馬Sを使われていた。<記事全文へ>

2020年10月11日(日)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 毎日王冠

 秋も深まる東京開催。今年の毎日王冠は(9)サリオスと(8)サトノインプレッサ、2頭の3歳馬が話題の中心になるだろうか。この両頭で今年の3歳馬のレベルが分かると言われていたのだが、折しも東京は台風による大雨。<記事全文へ>

2020年10月10日(土)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - サウジアラビアRC

 いちょうSの名称だった創設初年度からNHKマイルカップ勝ち馬を輩出し、その後はダノンプレミアム、グランアレグリアにサリオスなど、世代トップと噂されるような馬が好んで出走するレースとして定着したサウジアラビアロイヤルカップ。<記事全文へ>

2020年10月04日(日)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - スプリンターズS

 電撃の6ハロン戦。今年は(10)グランアレグリアを中心に3強ムードが形成されているスプリンターズSだが、予想ソフトの本命は(3)ダノンスマッシュと(10)グランアレグリアで真っぷたつに割れた。その中でも注目は『カツラギ』が<記事全文へ>

2020年10月03日(土)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - シリウスS

 今年は中京競馬場で施行されるシリウスステークス。その焦点はユニコーンSで底知れない圧勝を見せたあと、2週間後のジャパンダートダービーでは信じられないような大敗を喫してしまった(15)カフェファラオの存在だろう。<記事全文へ>

2020年09月27日(日)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 神戸新聞杯

 今年は中京で施行される神戸新聞杯なのだが、それより何より話題は二冠馬(2)コントレイルだろう。このあとのG1でさえも同様の人気が予想される馬だけに、ここは単なる通過点か。 予想ソフトに◎の印が並ぶのは当然のことかと<記事全文へ>

2020年09月26日(土)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ながつきS

 中山メインのながつきSはやや少頭数のオープン特別。頭数のみならず、過去2戦の成績を見ても2桁着順の目立つメンバーで、JRAオープン勝ち馬は(6)リュウノユキナと(7)タテヤマの2頭だけ。こうなると上昇一途の3歳馬<記事全文へ>





競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.