競馬マスターズ
2019年04月21日15:15 競馬Masters RSS




岡村信将
競馬予想の帝王学
ラップタイム解析講座
関東サンスポ予想記事
ラップギア☆ブログ
  岡村信将プロフィール
よしながえいじ
勝ち馬決定!バランスシート
赤丸急上昇!
期待の値上がり2歳馬
  よしながえいじプロフィール 
島崎リョウコ
必勝傾向!重賞偏差値
  島崎リョウコプロフィール
マツダワタル
馬のきもち
  マツダワタル プロフィール
村沢和英
モニター調教師の相馬眼
ライター気分の
”こんなのってあり”
  村沢和英 プロフィール
編集部
競馬リンク紹介

単行本 ラップギア

単行本 ラップギア種牡馬系

競馬リンクなび

2019年04月20日(日)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - マイラーズC

 本日の京都メインは、安田記念へ向けてのステップとなるマイラーズC。今年は怪物復活の呼び声も高い(6)ダノンプレミアムが急遽参戦。前走などは並みいるG1馬たちを軽くあしらい、最後は騎手が振り返る余裕。<記事全文へ>

2019年04月20日(土)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 福島牝馬S

 本日の福島メインは牝馬限定重賞の福島牝馬S。この時期の牝馬路線は、今まで重賞戦線を賑わしていた実績馬が繁殖に上がり、手薄なメンバーになりやすい。来たるべきG1戦線に向けて、4歳馬にとっては登竜門になってくるのだろう。<記事全文へ>

伝達事項

[ 岡村信将 ] 告知!! - 競馬最強の法則WEB ラップギア

 毎度、岡村です(写真左の人)。このたび、競馬最強の法則WEBにて、JRA土日全レース全馬 (新馬、障害戦を除く) のラップギア適性値データ(瞬3平1消0みたいなヤツ) を掲載して頂くことになりました。出走全馬の瞬発指数や、過去5走のラップギア (▼4▼4△7みたいなヤツ) も付いています。何はともあれ、時間のある方は一度ご覧になってみてください。すごい出来です。

2019年04月14日(日)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 皐月賞

 着差以上の大楽勝を続ける(12)サートゥルナーリアが、まったく底を見せないまま迎えた皐月賞。タイム的には平凡だが、完璧な折り合いから軽く合図をするだけで1馬身、2馬身と抜け出し、最後は抑える余裕が3連続。<記事全文へ>

2019年04月13日(土)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - アーリントンC

 過去には数多くのG1馬を輩出し、数ある3歳重賞の中でもトップクラスの出世レースとなっているアーリントンC。ジャスタウェイ、コパノリチャード、ミッキーアイル、レインボーラインにペルシアンナイト。この辺りはすべて<記事全文へ>

2019年04月07日(日)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 桜花賞

 春のG1戦線、クラシック第一弾は牝馬限定の桜花賞。新馬戦で直接対決した(8)グランアレグリアと(15)ダノンファンタジーが、お互いに実績を積み上げての再戦。それらを背後から狙う(4)クロノジェネシスと(14)ビーチサンバの<記事全文へ>

2019年04月06日(土)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ニュージーランドT

 5月のG1・NHKマイルカップの前哨戦となるニュージーランドトロフィー。一ヵ月前まではマイル路線とクラシックの両睨みだった各馬も、このレースへの出走をもって完全に分断。ここに出走した馬のほとんどは<記事全文へ>

2019年03月31日(日)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 大阪杯

 G1昇格3年目となる大阪杯。過去2年はどちらも3強対決のオッズ構成だったのだが、今年は上位拮抗の混戦模様。単勝10倍以上の第二グループも含め、タイトル・ホース夢の共演と言えるレースだろう。<記事全文へ>

2019年03月30日(土)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ダービー卿CT

 中山メーンのダービー卿CTは、荒れ傾向の強いハンデ戦。今年もどの馬が1番人気になるのか、それを予測することさえ困難な一戦となりそうだ。世代的にも4歳〜6歳が4頭〜5頭ずつ出走。これなら世代間の強弱から考え始めても良いかも知れない。<記事全文へ>

2019年03月24日(日)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 高松宮記念

 (13)ダノンスマッシュと(15)モズスーパーフレア、まったくタイプの違う2頭のニューヒーローが対決する高松宮記念。3歳時には(3)ミスターメロディの後塵を拝してきた両頭だが、ここに来ての連勝内容、その勝ちっぷりが話題になっている。<記事全文へ>

2019年03月23日(土)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 日経賞

 同コースの有馬記念を勝ち負けした馬が、年明け初戦として選択することが多い日経賞。今年は有馬記念7着の(4)サクラアンプルールが目立つぐらいなのだが、菊花賞2着の(7)エタリオウが出走。菊花賞と有馬記念の親和性が高い<記事全文へ>





競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.