競馬マスターズ
2020年09月27日15:18 競馬Masters RSS




岡村信将
競馬予想の帝王学
ラップタイム解析講座
関東サンスポ予想記事
ラップギア☆ブログ
  岡村信将プロフィール
よしながえいじ
勝ち馬決定!バランスシート
赤丸急上昇!
期待の値上がり2歳馬
  よしながえいじプロフィール 
島崎リョウコ
必勝傾向!重賞偏差値
  島崎リョウコプロフィール
マツダワタル
馬のきもち
  マツダワタル プロフィール
村沢和英
モニター調教師の相馬眼
ライター気分の
”こんなのってあり”
  村沢和英 プロフィール
編集部
競馬リンク紹介

単行本 ラップギア

単行本 ラップギア種牡馬系

競馬リンクなび

2020年09月27日(日)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 神戸新聞杯

 今年は中京で施行される神戸新聞杯なのだが、それより何より話題は二冠馬(2)コントレイルだろう。このあとのG1でさえも同様の人気が予想される馬だけに、ここは単なる通過点か。 予想ソフトに◎の印が並ぶのは当然のことかと<記事全文へ>

2020年09月26日(土)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ながつきS

 中山メインのながつきSはやや少頭数のオープン特別。頭数のみならず、過去2戦の成績を見ても2桁着順の目立つメンバーで、JRAオープン勝ち馬は(6)リュウノユキナと(7)タテヤマの2頭だけ。こうなると上昇一途の3歳馬<記事全文へ>

伝達事項

[ 岡村信将 ] 告知!! - 競馬最強の法則WEB ラップギア

 毎度、岡村です(写真左の人)。このたび、競馬最強の法則WEBにて、JRA土日全レース全馬 (新馬、障害戦を除く) のラップギア適性値データ(瞬3平1消0みたいなヤツ) を掲載して頂くことになりました。出走全馬の瞬発指数や、過去5走のラップギア (▼4▼4△7みたいなヤツ) も付いています。何はともあれ、時間のある方は一度ご覧になってみてください。すごい出来です。

2020年09月21日(月)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - セントライト記念

 3日間開催の最終日、本日の中山メインは菊花賞トライアルのセントライト記念。今年の目玉はコントレイル、サリオスと並んで三強と称されていた(9)サトノフラッグの存在だろう。さすがにコントレイル以上の声は<記事全文へ>

2020年09月20日(日)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ローズS

 京都競馬場改装の影響で、今年は中京芝2000mのコースで施行されることになったローズステークス。近年ややメンバーがそろわなくなってきたようにも感じるレースだが、今年は一見するとなかなかの豪華メンバー。<記事全文へ>

2020年09月19日(土)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ケフェウスS

 今年から芝2000mのハンデ戦として新設された、中京メインのケフェウスS。ケフェウスとは北天の星座、日本ではあまり馴染みない名前だが、ギリシャ神話ではカシオペアの夫であり、アンドロメダの父という位置付けであるらしい。<記事全文へ>

2020年09月13日(日)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 京成杯AH

 本日の東西メインは、サマーシリーズの最終戦となる京成杯オータムハンデとセントウルステークス。オータム(秋)という名前は付いているのだが、近年は秋競馬開幕というより夏競馬最終戦という位置づけの週になっているようだ。<記事全文へ>

2020年09月12日(土)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 紫苑S

 ヴィブロス、ディアドラ、ノームコアにカレンブーケドールなど、ここで上位に来た馬は、その後かなりの出世が見込める紫苑ステークス。まだまだ歴史の浅い新設重賞なのだが、同コースの牡馬G1・皐月賞にも通ずるものがあるようだ。<記事全文へ>

2020年09月06日(日)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 新潟記念

 一昨年は3歳ブラストワンピースの参戦(1着)が話題となった新潟記念だが、今年も3歳勢から(11)ワーケアが参戦を表明。ちなみにブラストはダービー2番人気5着からの単勝1.8倍だったのだが、3番人気8着の(11)ワーケアは<記事全文へ>

2020年09月05日(土)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 札幌2歳S

 古くはジャングルポケットやマツリダゴッホ、近年もゴールドシップやロゴタイプなど、十指に余る“のちのG1馬”を輩出している札幌2歳ステークス。注意すべきは、それらGI馬の多くが必ずしもこのレースを勝ててはいないという点だ。<記事全文へ>

2020年08月30日(日)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 新潟2歳S

 2歳競馬の本格化を告げる新潟2歳ステークス。現在の施行条件になってから18年間で1番人気は9勝、勝率50%という高確率なのだが、驚くような人気薄も毎年のように馬券に絡んでおり、何とも掴みどころのないレース。<記事全文へ>





競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.