競馬マスターズ
2020年01月13日15:28 競馬Masters RSS




岡村信将
競馬予想の帝王学
ラップタイム解析講座
関東サンスポ予想記事
ラップギア☆ブログ
  岡村信将プロフィール
よしながえいじ
勝ち馬決定!バランスシート
赤丸急上昇!
期待の値上がり2歳馬
  よしながえいじプロフィール 
島崎リョウコ
必勝傾向!重賞偏差値
  島崎リョウコプロフィール
マツダワタル
馬のきもち
  マツダワタル プロフィール
村沢和英
モニター調教師の相馬眼
ライター気分の
”こんなのってあり”
  村沢和英 プロフィール
編集部
競馬リンク紹介

単行本 ラップギア

単行本 ラップギア種牡馬系

競馬リンクなび

2020年01月13日(月)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - フェアリーS

 新春3日間開催の最終日、本日の中山メインは3歳牝馬限定のフェアリーステークス。このレースの勝ち馬は桜花賞やオークスでは苦戦の傾向だが、3歳秋以降に古馬戦でたびたび穴をあける場面が目撃されている。<記事全文へ>

2020年01月12日(日)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - シンザン記念

 新春3日間開催の最終日、本日の中山メインは3歳牝馬限定のフェアリーステークス。このレースの勝ち馬は桜花賞やオークスでは苦戦の傾向だが、3歳秋以降に古馬戦でたびたび穴をあける場面が目撃されている。<記事全文へ>

伝達事項

[ 岡村信将 ] 告知!! - 競馬最強の法則WEB ラップギア

 毎度、岡村です(写真左の人)。このたび、競馬最強の法則WEBにて、JRA土日全レース全馬 (新馬、障害戦を除く) のラップギア適性値データ(瞬3平1消0みたいなヤツ) を掲載して頂くことになりました。出走全馬の瞬発指数や、過去5走のラップギア (▼4▼4△7みたいなヤツ) も付いています。何はともあれ、時間のある方は一度ご覧になってみてください。すごい出来です。

2020年01月11日(土)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 淀短距離S

 本日の京都メーンは、独特の名称で冬季の名物レースとなっている淀短距離ステークス。ここは早くも今年2走目となる(4)ボンセルヴィーソと(11)ロジクライ、実績上位であるだけに目をひくのだが、人気は底を見せないまま重賞2着まで<記事全文へ>

2020年01月06日(月)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - カーバンクルS

 本日の東西メインは短距離と長距離のオープン特別。1200mのカーバンクルSには重賞勝ち馬の姿もあり、巻き返しを狙う古豪が集った印象だ。実績で言えば重賞2勝の(2)ロジクライが抜けているのだろうが、予想ソフトの目は<記事全文へ>

2020年01月05日(日)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 中山金杯

 年が明けての東西金杯。中山、京都ともにハンデ戦ということで、おみくじ的な要素も含まれるレースだが、今年も明け4歳を中心に楽しみなメンバーが集まった。ハンデ戦としての斤量も含めて、まずは4歳馬の取捨選択が重要なポイントになってくるのだろう。<記事全文へ>

2019年12月28日(土)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ホープフルS

 年末最後のG1は、将来を期待される2歳馬が集結するホープフルステークス。G2時代には2勝馬がほとんど出走しなかった年もあるレースだが、さすがにかなりのメンバーがそろうようになってきた。その中心は、何と言っても<記事全文へ>

2019年12月22日(日)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 有馬記念

 各路線の主役級、スターホースが一堂に会し、年末の大勝負に挑む有馬記念。今年は特にメンバーがそろうのではないかと言われていたところ、さらに(9)アーモンドアイが緊急参戦。さすがにこの馬を相手にすると<記事全文へ>

2019年12月21日(土)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 阪神カップ

 昨年夏から今春にかけて最強馬候補にも挙がっていた(5)グランアレグリアの復帰が話題となる阪神カップ。この馬も含め、今年は大挙5頭出走の3歳牝馬が台風の目になるのかも知れない。ちなみに過去13回施行での3歳牝馬出走は6頭だった。<記事全文へ>

2019年12月15日(日)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 朝日杯FS

 今年も怪物候補生が多数集結する朝日杯FS。候補生のほとんどは怪物ではないのだろうが、もしかすると本当に怪物が存在するのかも知れない。キャリアの浅い2歳戦にはそういった楽しみがある。今年、その筆頭候補は文句なしに<記事全文へ>

2019年12月14日(土)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ターコイズS

 暮れの牝馬限定重賞として創設され、今年で5年目となるターコイズS。今年の古馬G1戦線も残すところは有馬記念だけとなり、3歳馬が急速に力を付けてくる時期のハンデ戦。3年前には11番人気、16番人気、15番人気の3頭で<記事全文へ>

2019年12月08日(日)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 阪神JF

 2歳牝馬のナンバー1決定戦、阪神ジュベナイルフィリーズ。朝日杯FSに対してホープフルSがある牡馬の路線と違い、牝馬はこのレースが唯一無二の頂点。以前は波乱傾向の強いレースだったが、06年の阪神改装以降は<記事全文へ>





競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.