競馬マスターズ
2020年02月16日15:05 競馬Masters RSS




岡村信将
競馬予想の帝王学
ラップタイム解析講座
関東サンスポ予想記事
ラップギア☆ブログ
  岡村信将プロフィール
よしながえいじ
勝ち馬決定!バランスシート
赤丸急上昇!
期待の値上がり2歳馬
  よしながえいじプロフィール 
島崎リョウコ
必勝傾向!重賞偏差値
  島崎リョウコプロフィール
マツダワタル
馬のきもち
  マツダワタル プロフィール
村沢和英
モニター調教師の相馬眼
ライター気分の
”こんなのってあり”
  村沢和英 プロフィール
編集部
競馬リンク紹介

単行本 ラップギア

単行本 ラップギア種牡馬系

競馬リンクなび

2020年02月16日(日)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 共同通信杯

 本日の東京メーンはクラシックへの登竜門となる共同通信杯。近年はこのレースから皐月賞への直行がトレンドとなっているのだが、今年もそれを目論む素質馬が集結。その中でもすでに賞金的に不安のない(8)マイラプソディは<記事全文へ>

2020年02月15日(土)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - クイーンC

 東京メインのクイーンCは、のちのG1馬がズラリと並ぶ出世レース。昨年もクロノジェネシスやカレンブーケドールがここに出走していたのだが、必ずしもここを勝っている必要はなく、目安としては4着以内。ここで好走できる馬の前途は<記事全文へ>

伝達事項

[ 岡村信将 ] 告知!! - 競馬最強の法則WEB ラップギア

 毎度、岡村です(写真左の人)。このたび、競馬最強の法則WEBにて、JRA土日全レース全馬 (新馬、障害戦を除く) のラップギア適性値データ(瞬3平1消0みたいなヤツ) を掲載して頂くことになりました。出走全馬の瞬発指数や、過去5走のラップギア (▼4▼4△7みたいなヤツ) も付いています。何はともあれ、時間のある方は一度ご覧になってみてください。すごい出来です。

2020年02月09日(日)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 東京新聞杯

 真冬の東京、名物レースとなっている東京新聞杯。思えば2年前、のちに宝塚記念、コックスプレートと有馬記念のG1を3連勝するリスグラシューが、久々に勝利を挙げたレース。しかも長距離をあきらめ、マイル路線に挑戦しようというという構図。<記事全文へ>

2020年02月08日(土)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - アルデバランS

 本日の京都メインはダートのアルデバランS。この時期の4歳馬は重賞に挑戦していく傾向にあり、フェブラリーSを目指すには厳しい時期ということもあってメンバーが揃いづらい傾向にあるのだが、今年は白毛の4歳重賞勝ち馬に<記事全文へ>

2020年02月02日(日)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 根岸S

 フェブラリーSへ向けての最終ステップとなる根岸ステークス。過去にはフェブラリーSとの関連が薄いと言われていたレースだが、近年は16年モーニンや18年ノンコノユメがこのレースとフェブラリーSを連勝するなど<記事全文へ>

2020年02月01日(土)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 白富士S

 年が明けてひと月が終わり、2月1日の東京メーンは白富士ステークス。このレースでまず目に付くのは、重賞では10戦0勝も、オープン特別以下では10戦7勝の高勝率となっている(2)ダイワキャグニーの存在だろうか。<記事全文へ>

2020年01月26日(日)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - AJCC

 中山メインのアレキサンドライトSは、このクラスの安定勢力と昇級馬が入り乱れての混戦模様。どちらにしても3頭出走の4歳牡馬が人気を分けあう形だろうか。ここから更なる飛躍が期待される馬たちだ。<記事全文へ>

2020年01月25日(土)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - アレキサンドライトS

 中山メインのアレキサンドライトSは、このクラスの安定勢力と昇級馬が入り乱れての混戦模様。どちらにしても3頭出走の4歳牡馬が人気を分けあう形だろうか。ここから更なる飛躍が期待される馬たちだ。<記事全文へ>

2020年01月19日(日)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 日経新春杯

 京都メインの日経新春杯は、春の盾を目指すステイヤーが集うハンデ戦なのだが、今年はトップハンデが56kgという手薄なメンバー構成。56kgの馬が単独でトップハンデという日経新春杯は過去30年を遡ってもちょっと記憶にない。<記事全文へ>

2020年01月18日(土)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 愛知杯

 今年は小倉競馬場で施行される、牝馬限定重賞の愛知杯。95年までは冬季集中で年間4レースほどしか施行されていなかった牝馬限定の古馬重賞だが、現在では年間11レース。夏季を除けば、ほぼ毎月施行という状態になっている。<記事全文へ>





競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.