競馬マスターズ
2019年05月26日15:09 競馬Masters RSS




岡村信将
競馬予想の帝王学
ラップタイム解析講座
関東サンスポ予想記事
ラップギア☆ブログ
  岡村信将プロフィール
よしながえいじ
勝ち馬決定!バランスシート
赤丸急上昇!
期待の値上がり2歳馬
  よしながえいじプロフィール 
島崎リョウコ
必勝傾向!重賞偏差値
  島崎リョウコプロフィール
マツダワタル
馬のきもち
  マツダワタル プロフィール
村沢和英
モニター調教師の相馬眼
ライター気分の
”こんなのってあり”
  村沢和英 プロフィール
編集部
競馬リンク紹介

単行本 ラップギア

単行本 ラップギア種牡馬系

競馬リンクなび

2019年05月26日(日)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 日本ダービー

 今年の日本ダービーは(7)ダノンキングリーと(13)ヴェロックスを加えた三強なのか、それとも(6)サートゥルナーリアの一強か。そこが最初の争点になりそうだ。オッズ的には間違いなく(6)サートゥルナーリアの一強。<記事全文へ>

2019年05月25日(土)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 葵ステークス

 重賞昇格2年目となる葵ステークス。これが実に、小倉2歳S以来約9ヵ月ぶりとなる“世代限定のスプリント重賞”だ。否応なしに距離延長への対応を余儀なくされていた世代のトップ・スプリンターが、待ちに待った得意距離。<記事全文へ>

伝達事項

[ 岡村信将 ] 告知!! - 競馬最強の法則WEB ラップギア

 毎度、岡村です(写真左の人)。このたび、競馬最強の法則WEBにて、JRA土日全レース全馬 (新馬、障害戦を除く) のラップギア適性値データ(瞬3平1消0みたいなヤツ) を掲載して頂くことになりました。出走全馬の瞬発指数や、過去5走のラップギア (▼4▼4△7みたいなヤツ) も付いています。何はともあれ、時間のある方は一度ご覧になってみてください。すごい出来です。

2019年05月19日(日)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - オークス

 桜花賞の上位人気、上位着順馬がほとんど顔をそろえ、さらには(13)ラヴズオンリーユーや(3)コントラチェックといった別路線組の台頭。桜花賞馬グランアレグリアのNHKマイル惨敗という要素も加味されて、今年のオークスは<記事全文へ>

2019年05月18日(土)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 平安S

 現在のところ、JRA唯一の1900m重賞となっている平安S。今年人気を集めるのは前年勝ち馬の(8)サンライズソアか、それとも昨年同コースでJRA施行だったJBCクラシック、そこで同馬に先着している(2着)(1)オメガパフュームか。<記事全文へ>

2019年05月12日(日)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ヴィクトリアマイル

 春の最強牝馬決定戦、ヴィクトリアマイルは今年もフルゲートの18頭立て。第1回の06年以来、ウオッカやブエナビスタが単勝1倍台の支持を集めた年も含め、ずっと17頭以上の多頭数をキープし続けている。それだけ目標にしやすい<記事全文へ>

2019年05月11日(土)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 京王杯SC

 東京メインの京王杯SCは、安田記念の重要なステップとなるレースだが、荒れ傾向の強いG2戦。現在のコース設定になって以降の過去16年で、1番人気の勝利は1度だけ。しかもその1番人勝ち馬も、直前まで1〜3番人気が<記事全文へ>

2019年05月05日(日)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - NHKマイルカップ

 本日の東京メーンは第24回のNHKマイルカップ。今年は(7)(17)(3)の三強という触れ込みで推移していたレースだが、蓋を開けてみると(7)グランアレグリアの一強ムード。一度完敗している馬を相手に、ここまでオッズの差が開くのは珍しい。<記事全文へ>

2019年05月04日(土)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 京都新聞杯

 ダービーへの最終切符を巡る争いとなる京都新聞杯。厳密な意味では翌日のNHKマイルが(賞金的に)最終便となるのだろうが、そちらはあくまで別路線。同じ京都、秋の菊花賞も見据え、未完の大器がここに集結した。<記事全文へ>

2019年04月29日(月)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 新潟大賞典

 本日の新潟メインは現在のところ1番人気が12連敗中、荒れる重賞と言われている新潟大賞典。極端に上がりの速い勝負になるものの、末脚勝負に徹しては届かないという、なかなかポイントが絞りづらい仕上がりになっている。<記事全文へ>

2019年04月28日(日)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 天皇賞(春)

 前哨戦圧勝のシャケトラが急逝し、昨年菊花賞上位馬の再戦ムードとなってきた天皇賞。ただ、その昨年菊花賞は歴代最速クラスのラスト2ハロン勝負。そのラップが今回の天皇賞に繋がるレースだったのか、その見極めが重要なポイントに<記事全文へ>

2019年04月27日(土)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 青葉賞

 1ヵ月後の日本ダービーと同じ、東京芝の2400mで行われる青葉賞。このトライアルをステップにダービーを制覇した馬はまだ現れていないのだが、シンボリクリスエスやゼンノロブロイの時代から、このレースをきっかけに世代のトップ<記事全文へ>





競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.