競馬マスターズ
2018年12月16日15:10 競馬Masters RSS




岡村信将
競馬予想の帝王学
ラップタイム解析講座
関東サンスポ予想記事
ラップギア☆ブログ
  岡村信将プロフィール
よしながえいじ
勝ち馬決定!バランスシート
赤丸急上昇!
期待の値上がり2歳馬
  よしながえいじプロフィール 
島崎リョウコ
必勝傾向!重賞偏差値
  島崎リョウコプロフィール
マツダワタル
馬のきもち
  マツダワタル プロフィール
村沢和英
モニター調教師の相馬眼
ライター気分の
”こんなのってあり”
  村沢和英 プロフィール
編集部
競馬リンク紹介

単行本 ラップギア

単行本 ラップギア種牡馬系

競馬リンクなび

2018年12月16日(日)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 朝日杯FS

 今年の朝日杯フューチュリティSは牝馬の(2)グランアレグリアが圧倒的な1番人気ということになりそう。新馬戦で下したダノンファンタジーが先週の阪神ジュベナイルフィリーズを勝ったことで、この馬にかかる期待はますます大きなものとなってきた。<記事全文へ>

2018年12月15日(土)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ターコイズS

 暮れの牝馬限定重賞として、今年で4年目となるターコイズS。今年の古馬G1戦線も残すところは有馬記念だけとなり、3歳馬が急速に力を付けてくる時期のハンデ戦。3年前には11番人気、16番人気、15番人気の3頭で3連単が295万馬券<記事全文へ>

伝達事項

[ 岡村信将 ] 告知!! - 競馬最強の法則WEB ラップギア

 毎度、岡村です(写真左の人)。このたび、競馬最強の法則WEBにて、JRA土日全レース全馬 (新馬、障害戦を除く) のラップギア適性値データ(瞬3平1消0みたいなヤツ) を掲載して頂くことになりました。出走全馬の瞬発指数や、過去5走のラップギア (▼4▼4△7みたいなヤツ) も付いています。何はともあれ、時間のある方は一度ご覧になってみてください。すごい出来です。

2018年12月09日(日)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 阪神JF

 2歳牝馬のナンバー1決定戦、阪神ジュベナイルフィリーズ。朝日杯FSに対してホープフルSがある牡馬路線とちがい、牝馬はこのレースが唯一無二の頂点。以前は波乱傾向の強いレースだったが、06年の阪神改装以降は<記事全文へ>

2018年12月08日(土)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 中日新聞杯

 本日の中京メインはハンデG3の中日新聞杯。この重賞は数年ごとに3月と12月の開催を行き来しており、他重賞の移設に合わせて柔軟にその穴を埋めてきた感がある。3歳馬がここを勝つようなら、余勢を駆って有馬記念への出走も<記事全文へ>

2018年12月02日(日)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - チャンピオンズC

 3歳馬(2)ルヴァンスレーヴが注目を集めることになる今年のチャンピオンズカップ。ジャパンカップダートという名称だった05年のカネヒキリ以来、13年ぶりに3歳馬が1番人気ということになりそうだ。しかしやはりと言うべきか<記事全文へ>

2018年12月01日(土)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ステイヤーズS

 今年のステイヤーズSには、同レース3連覇中の(1)アルバートが出走。今年は同一騎手での出走とはならなかったが、仮に4年連続1番人気での4連覇となれば、それこそ後世に残る大記録となるのだろう。<記事全文へ>

2018年11月25日(日)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ジャパンカップ

 3歳馬と古馬の比較が唯一の見どころとなっている近年のジャパンカップ。今年は三冠牝馬の(1)アーモンドアイが早々にジャパンカップ参戦を表明し、古馬大将格の(11)スワーヴリチャードも直前の敗戦で意気揚がらず<記事全文へ>

2018年11月24日(土)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 京都2歳S

 2歳馬にとっては初めての2000m重賞となる京都2歳ステークス。重賞昇格前からヴィクトワールピサやエピファネイアを輩出してきた出世レースであり、今年もクラシックを意識する期待馬が集結してきた。<記事全文へ>

2018年11月18日(日)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - マイルCS

 混戦模様も、安田記念1着馬(8)モズアスコットと2着馬(15)アエロリットが人気を集めることになりそうな今年のマイルチャンピオンシップ。とくに(8)モズアスコットは安田記念9番人気からの大躍進。前走のスワンSも含め<記事全文へ>

2018年11月17日(土)

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 東京スポーツ杯2歳S

 97年キングヘイローや98年アドマイヤコジーン、01年アドマイヤマックスなど、かつては勝ち馬がG1級スプリンターに育つことが多かった東京スポーツ杯だが、11年ディープブリランテや13年イスラボニータ、そして17年ワグネリアンなど<記事全文へ>





競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.