競馬マスターズ
2019年01月20日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 -札幌記念回顧

 

着枠 馬 馬名        タイム 人
1 3 4 ヘヴンリーロマンス 2.01.1  9
2 4 6 ファストタテヤマ  2.01.1 12
3 6 10 コイントス     2.01.3 13
4 3 3 ブルートルネード  2.01.5  7
5 2 2▲マチカネメニモミヨ 2.01.5 11
6 4 5◎エリモハリアー   2.02.0  2
7 1 1 オペラシチー    2.02.1  1
8 6 9 チアフルスマイル  2.02.1 10
9 5 8 ホオキパウェーブ  2.03.2  4
10 8 14 スプリングシオン  2.03.4 14
11 8 13 スズノマーチ    2.03.5  5
12 7 12 ダンスインザムード 2.03.6  3
13 7 11 サイレントディール 2.04.0  6
14 5 7 スムースバリトン  2.05.1  8
LAP :12.6-11.5-12.1-12.3-12.0-11.9-12.0-11.9-12.0-12.8

 まいった。ヘヴンリーロマンスが前週以上の走りで牡馬混合のG2を勝つなんてね、まったく予想できなかったよ。お手上げ、てゆうか無理。いくら前週クイーンSで◎付けてた馬でもね、ここはどう考えてもナイもの。しかも単勝オッズが牝馬限定G3の43倍より低い18倍とはね。それだけレベルが低かったんかな。

 レースの流れは想定通りの平坦戦、それがコイントスの粘りの理由か。先行馬がそのまま粘れる流れだと思うんだ。その辺り、◎エリモハリアーは一番流れが厳しくなるところで強引に行き過ぎたかもね。しかも4角じゃ大きく外に振られてるし、そこで馬の心理的なものが限界点に達したっぽい。直線は流すだけの気のない走り、騎手のせいにはしたくはないけど、お世辞にも上手い騎乗とは言えないよな。

 しかしこのレースを1、2着したヘヴンリーロマンスとファストタテヤマが他のG2でも通用するかと言えば、かなり無理っぽい。ヘヴンリーロマンスが牝馬G1を勝ち負けできるかと言えば、それもちょっと無理っぽい。今後の古馬勢力図に影響を及ぼすこともなさそうだし、これは忘れちゃってもいいんじゃないか?

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.