競馬マスターズ
2019年11月10日15:11 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - 函館記念予想

 

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  テイエムジェネラス 153  98
2 2 ◎ エアセレソン    711  99
3 3  ブリットレーン   641  92
4 4  ブルートルネード  720  94
4 5 ▲ エリモハリアー   532  95
5 6  グランリーオ    462  99
5 7  ウイングランツ   511  97
6 8  ナスノストローク  330  91
6 9  ハギノハイグレイド 352  92
7 10  マチカネメニモミヨ 342  96
7 11  ワイルドスナイパー 893  96
8 12  タイガーカフェ   620  92
8 13  スプリングシオン  520  95

 このレースにて予想されるベストの適性は「460」で、平坦戦を想定。脚質的には差し馬が55%優勢。ここはグランリーオとエアセレソン、どっちを取るかで悩むところだね。グランリーオに関して言えば、ネックは近走根っからの逃げ馬なっちゃったこと。条件馬のうちはこれで正解だろうけど、重賞でコレを押し通すのはツライと思うんだわ。

 エアセレソンに関しては「460」に対しての「711」という適性値ね。新潟大賞典(G3)の時は、この適性を盾に本命に推したぐらいだし、そうなると平坦になりやすいこのコースはどうかと思うのよ。でもさ、よく見てみたらエアセレソンが今まで走った17戦中、14戦が瞬発戦だったりするワケさ。つまり平坦・消耗戦は3戦しか経験なくて、しかも2勝してんのよ。てえことは、ここ平坦戦を想定しても好走の可能性アリっしょ。

 人気馬の中で厳しいと思うのはブルートルネード。適性的にも脚質的にも最悪に近いんじゃないかな? この馬の好走はほとんど全部瞬発戦なんだよね。このレースでブルートルネードが好走するパターンって、超スローペースを先行できた時ぐらいしか私には想像できないス。あとは絶好調であることが見え見えのエリモハリアーな、これをエアセレソンとの1点で狙ってみる所存。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.