競馬マスターズ
2019年03月17日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - 新潟大賞典予想

 

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  セフティーエンペラ 973  97
1 2  グレイトジャーニー 721  94
2 3  ウインジェネラーレ 532  95
2 4  プライマリーケア  545  92
3 5 ▲ ロードフラッグ   553  98
3 6  トーセンジョウオー 320  −
4 7  エリモマキシム   383  96
4 8  カンファーベスト  954  97
5 9  マイネルアムンゼン 630  95
5 10  トーセンダンディ  601  98
6 11  アサカディフィート 370  93
6 12  イケハヤブサ    465  −
7 13  ツルマルヨカニセ  663  94
7 14 ◎ エアセレソン    611  99
8 15  ダンツジャッジ   966  96
8 16  スズノマーチ    440  97

 このレースにて予想されるベストの適性は「1000」で、瞬発戦を想定。脚質的には差し馬が90%優勢。てゆうか、ここは100レースあったら99レースは瞬発力勝負になる特殊コース。特に古馬戦はもうほとんど適性も分かっていて、ワタシ的にはこれは当てなきゃいけないレースという位置づけになっている。だからといって必ず当たるというわけでもないんだけどさ。

 人気のありそうなところで、適性が微妙だと思える馬はスズノマーチ。並びは「440」だけど、レースを個別に見ていくと、どうも平坦戦のほうにより適性がありそうなんだよね。まったくダメというワケじゃないけど、ティンバーカントリーの産駒ということも合せて考えると、瞬発戦得意というのはまずあり得ないかと。

 そういったことを踏まえてエアセレソン、能力的にも十分重賞レベルのものを持っていると思う。2200m以上の長距離戦になると先行して末をなくしちゃうんだけど、前走難波S(1600万下)のように直線までジックリ待てば相当いい脚を使ってくれるはず。先行したら微妙だけど、これはもう祈るしかないね。

 穴としての狙い目はロードフラッグ、去年の関屋記念(新潟1600m・G3)の2着馬だよ。1800m以下を中心に使われているけど、2000mに距離の壁があるなんてことは、まずアリエナイ。近走もマイルCS(G1)を除けばほとんど毎回掲示板には載ってるし、単勝15倍以上つくようならコレがイチ推しだな。あー、そうそう、やっぱ見づらいので「瞬平消」は3桁に戻しました。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.