競馬マスターズ
2019年07月14日15:13 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - マーメイドステークス回顧

 

着枠 馬 馬名        タイム 人
1 6 6 ダイワエルシエーロ 2.00.5  2
2 5 5 マイネサマンサ   2.00.8  3
3 8 10 ミスパスカリ    2.01.5  5
4 1 1 マイティーカラー  2.01.9  6
5 8 9 レクレドール    2.01.9  1
6 2 2 メモリーキアヌ   2.02.3  7
7 7 7◎メイショウオスカル 2.02.3  4
8 4 4 レンドフェリーチェ 2.02.5  8
9 7 8 ウシュアイア    2.02.9  9
消 3 3 マイネソーサリス  ------ --
LAP :12.7-11.7-12.1-12.0-12.0-11.9-11.7-11.7-11.9-12.8

 前週ラジオたんぱ賞(G3)予想時に「全馬流れが合わなさそうな場合、セオリーとしては先行馬の前残り」なんて書いたんだけど、このマーメイドステークス(G3)が、まさにそんな感じになってしまった。全馬バテちゃって行ったもん勝ちの展開ってね。

 レースの流れは予定外の消耗戦。てゆうかこの週の阪神競馬は何かおかしくてね、ほとんどレースでラスト1ハロンのタイムがガクンと落ちてんのよ。落ちてると言うか、遅くなると言うか。阪神はたま〜にこういうことあるみたいね。究極の消耗馬場みたいな?

 2着マイネサマンサにしても、3着4着のミスパスカリ、マイティーカラーにしても、ダイワエルシエーロ以外上位はみんな非瞬発馬。ダイワエルシエーロに関しては前走の不甲斐なさから立て直しには時間がかかると思ったんだけど、こうまで一変されちゃうと言葉もないなぁ。オークス馬の能力+先手が取れたこと。しかし、これで全5勝中4勝が逃げ切りで、逃げたら4戦4勝か〜。そんな馬なのか?

 こういう無理やりな消耗戦になると、基本的に瞬発系の馬は全部ダメ。5着レクレドールや7着◎メイショウオスカルに関しては展開が向かなかったと言う他ないね。いや、この場合特殊な馬場か。しかし私の予想ってば展開予想狂うと脆いなぁ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.