競馬マスターズ
2019年03月17日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - ラジオたんぱ賞予想

 

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  シルクレンジャー  300  95
1 2  シルクネクサス   531  97
2 3  ワンダーマッハー  431  96
2 4  チョウサン     300  97
3 5  ピサノグラフ    110  94
3 6  エイシンサリヴァン 430  95
4 7  コンラッド     300  93
4 8 ◎ ピカレスクコート  410  98
5 9  トップガンジョー  801  96
5 10  カネサマンゲツ   320  94
6 11  ダブルティンパニー 311  96
6 12 ▲ シンボリグラン   321  97
7 13  エアアドニス    204  95
7 14  トーセンロッキー  420  94
8 15  モエレアドミラル  000  92
8 16  プリュネル     132  95

 このレースにて予想されるベストの適性は「244」で、消耗戦を想定。脚質的には差し馬が35%優勢。これだけ先行馬が多いと消耗するレースになりやすいんだけど、消耗戦得意そうな馬ってほとんど見当たらないね。エアアドニス?にしても、ダート1200mでしか好走実績がない馬、いくら私でもこれは狙えないよな。

 こんな感じで全馬流れが合わなさそうな場合、セオリーとしては先行馬の前残り。代表的なところではホーリックスの1989年ジャパンカップ(G1)みたいな感じで、後続が脚を使えないから先行馬がバテたまま残っちゃうと思うのよ。てゆうか、下級条件戦にはフツーによくある風景なんだけどねぇ。

 てゆーことで、狙いは安定して前に行ける馬。シルクネクサスとかトップガンジョーもそれに該当しそうだけど、私が狙いたいのは京都新聞杯(G2)回顧で「次走がラジオたんぱ賞(G3)なんかだとアッサリかも」ぐらいのことを書いたピカレスクコート。流れは向かずとも、前に行ける脚はここで生きる…はず。後は何気に1200mの馬とは思えないシンボリグランにも注目してたいな。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.