競馬マスターズ
2019年05月26日15:09 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - 京都新聞杯回顧

 

着枠 馬 馬名        タイム 人
1 4 7◎インティライミ   2.13.0  1
2 5 9 コメディアデラルテ 2.13.0  5
3 8 14 アドマイヤフジ   2.13.4  2
4 3 5 シルクネクサス   2.13.6  9
5 6 10 コンゴウリキシオー 2.13.7  4
6 3 4 ピカレスクコート  2.13.8  6
7 2 2 トーセンディライト 2.13.8 12
8 4 6 コウエイマーブル  2.13.8 13
9 7 13 メガトンカフェ   2.14.1 10
10 7 12 コスモアブソルート 2.14.2 14
11 2 3 ケージーツヨシ   2.14.5  7
12 6 11 ヴァーミリアン   2.14.6  3
13 8 15 シルクトラベラー  2.14.7 11
14 5 8 タマモコンチェルト 2.14.7 15
15 1 1 ケイアイヘネシー  2.16.2  8
LAP :12.6-10.7-12.5-12.2-12.2-12.5-12.0-12.0-11.9-11.8-12.6

 いやー、危うかった。インティライミ、大外を回って早目進出だもんな。人気差し馬の王道的騎乗ではあるけど、そこまで力が抜けているかと言われると…かなり微妙な感じだったから。内からコメディアデラルテがスルスルと抜け出してきた時はヤラレタと思ったよ。

 そう思いつつ確定したラップタイムを見てみると、これが予想外の平坦戦。それなら早目進出で正解か〜。すごいよ、佐藤哲三さん。平坦ラップが得意と思われるコメディアデラルテやアドマイヤフジを押さえきったたんだから、結果的には満点の騎乗だね。

 ピカレスクコートは見せ場も何も無かったねぇ。ただ、能力はあるので、例えば次走がラジオたんぱ賞(G3)なんかだとアッサリかも。アドマイヤフジは、この流れならもう0.4秒詰めて勝ち負けを争ってほしかった。秋にはもう少し追走が楽になって、菊花賞ではやっぱり勝ち負けになると思う。

 この京都新聞杯(G2)、重賞として悪くはないレベルのレースだったと思うけど、それでもここより更に上、日本ダービー(G1)を勝ち負けするには物足りないかな。このメンバーの中ではアドマイヤフジが最先着するっぽいけど、それでも3着に入れるかどうか微妙なところだろうから。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.