競馬マスターズ
2019年07月14日15:13 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - 東海ステークス予想

 

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  ヒシアトラス    664  100
1 2  ブラックパワー   484  96
2 3  クーリンガー    295  97
2 4  ペルフェット    282  93
3 5  トーコーカント   430  −
3 6  スターキングマン  264  91
4 7  タイムパラドックス 742  94
4 8  イサオヒート    482  99
5 9  シロキタゴッドラン 551  93
5 10 ◎ サカラート     561  100
6 11  アルファフォーレス 533  95
6 12  タイムトゥチェンジ 371  −
7 13  ホーマンベルウィン 473  96
7 14  マルブツトップ   050  95
8 15  ミツアキサイレンス 650  −
8 16  ブラックコンドル  523  98

 このレースにて予想されるベストの適性は「550」で、瞬発戦を想定。脚質的には差し馬が95%優勢。まずヒシアトラスについては前走予想時「好調期間終わりで切り頃」と評したことから、今回も消しだね。だって今回印入れるなら、前走のソレがウソになっちゃうからさ。

 もう1頭、気になる馬が◎サカラート。こっちは前走予想時「瞬発力強すぎ、頭数の減るレースまで待とう」みたいコメント。んー、マテマテ。頭数は減らなくても距離が長くなれば競馬自体は楽になるんだよね。それだったらココだろ、ココ。すんごい瞬発力で圧勝もあるんじゃない? 能力的にはG1クラスの馬なはずだから。

 とは言えね、瞬発戦になるかどうかは微妙なところだね。瞬発、平坦両方に対応できる馬が理想だけど、もし平坦戦、差し馬が早目にマクっていくような展開を想定するならタイムパラドックスかな。「瞬発、平坦の想定確率」と「サカラとタイパラのオッズ差」を考えてサカラートに◎だけど、勝率だけで考えるならタイムパラドックスが上かな…とは思う。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.