競馬マスターズ
2019年07月14日15:13 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - アンタレスステークス予想

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  スターキングマン  254  −
1 2  ハギノハイグレイド 352  93
2 3  サカラート     551  100
2 4  ビッグウルフ    623  −
3 5  ヒシアトラス    664  100
3 6 ◎ ピットファイター  371  100
4 7  エンシェントヒル  420  97
4 8  スリージェム    113  95
5 9  サミーミラクル   236  99
5 10  ブラックコンドル  513  98
6 11  オーガストバイオ  444  96
6 12  サワノブレイブ   462  94
7 13  イサオヒート    472  99
7 14 ▲ タイキエニグマ   134  97
8 15  クーカイ      233  94
8 16  サイレンスボーイ  345  99

 このレースにて予想されるベストの適性は「451」で、平坦戦を想定。脚質的には差し馬が10%優勢。うーん、ヒシアトラスが断然の人気になるのかな。マジで? たしかにここ9走は連続で3着以内に手堅く走ってるけど、近3走の内容からは好調期間が終わったようにも見えるんだよね。今回は切り頃かも知れない。

 サカラートは準オープンとオープン特別を圧勝。その内容を高く評価しているんだけど、なかなか重賞でいいトコロを見せてくれないね。安定して走るタイプではないので凡走の次は狙い目なんだけど、多頭数の厳しい競馬は向かないっぽい。「瞬平消」の数字で言えば、ダート馬としては瞬発力が強すぎるってことかな。頭数の減るレースまで待とうね。

 瞬発力のダート馬って点では、エンシェントヒルなんかがまさにソレ。流れが合えばスンゴい勝ち方をするけど、厳しい流れになると脚を使えずに雪崩れ込むだけ。東京コースなんかは凄く向いてると思う。

 サイレンスボーイやサミーミラクルなんかは、逆に消耗戦のほうが向いているようで、このレースにはあまり好ましくない。まぁそれならピットファイターかな。復調途上も前走G1・6着なら上昇の気配は覗えるかと。前走の負けで一気に人気を落とすタイキエニグマは穴として面白いかな。

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.