競馬マスターズ
2019年01月20日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - 京王杯スプリングカップ予想

 

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  ニシノシタン    392  98
1 2  アサクサデンエン  532  97
2 3 ▲ メテオバースト   600  95
2 4  ゴッドオブチャンス 284  −
3 5 ◎ ウインクリューガー 340  97
3 6  キーンランドスワン 126  98
4 7  タマモホットプレイ 413  98
4 8  フジサイレンス   544  96
5 9  ゴールデンキャスト 315  97
5 10  オレハマッテルゼ  731  95
6 11  トラストファイヤー 520  −
6 12  プレシャスカフェ  117  99
7 13  アドマイヤマックス 312  99
7 14  テレグノシス    750  99
7 15  ダンスインザムード 420  97
8 16  ナイトフライヤー  970  96
8 17  ウインラディウス  531  97
8 18  スナークスズラン  543  94

 このレースにて予想されるベストの適性は「820」で、瞬発戦を想定。脚質的には差し馬が20%優勢。まず気になるのは週始めに書いた、東京芝の内優位だね。土曜日のVTRを見たところ、やっぱり先週までと同じく前残り、内側3頭だけの競馬が続いてるっぽい。まぁ、今はこれを前提とするしかないか。

 そして気になるのはプレシャスカフェの適性「117」かな。コレを普通に見たら瞬発戦ダメな馬っぽいんだけど、実は出走レースのほとんどが消耗戦で、瞬発・平坦戦は2戦して2勝だったりするんだな。

 プレシャスカフェ、基本的には消耗馬だと思うんだけど、瞬発戦をこなせる確率30%、瞬発戦を得意とする確率も10%程度は考えられ、ちょっと自信を持っての「消し」とまでは言い切れない。これを自信を持って消せるなら、かなりオイシいレースになるんだけどな〜。

 能力的にはさすがにハイレベルG2で、かなりいい数値での上位拮抗だね。アサクサデンエンやメテオバースト、ウインクリューガー、タマモホットプレイ、ナイトフライヤーにウインラディウスといった人気薄でも、勝ち負けまで持っていける可能性も低くはないと思う。

 本命候補に考えていたテレグノシスは外を通っての追い込み一辺倒な馬で、入稿ギリギリになっての本命差し替え。「内枠に入った先行できる馬」という観点から、ウインクリューガーとメテオバーストの2頭に印を入れるとしようか。前日売り10番人気と14番人気、もし当たったら褒められるかも知れんから。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.