競馬マスターズ
2019年07月14日15:13 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - NHKマイルカップ回顧

 

着枠 馬 馬名        タイム 人
1 6 12 ラインクラフト   1.33.6  2
2 7 13 デアリングハート  1.33.9 10
3 2 4 アイルラヴァゲイン 1.34.0  4
4 1 2 ペールギュント   1.34.3  1
5 2 3 セイウンニムカウ  1.34.5  6
6 1 1▲エイシンヴァイデン 1.34.6 16
7 7 14 ビッグプラネット  1.34.8  5
8 3 6 パリブレスト    1.34.9 12
9 4 8 バブルエスティーム 1.34.9 14
10 8 17 イヤダイヤダ    1.35.1  8
11 3 5 コパノフウジン   1.35.1 15
12 6 11◎マイネルハーティー 1.35.2  3
13 5 9 ディープサマー   1.35.3 11
14 8 16 ストラスアイラ   1.35.4 17
15 4 7 コスモフォーチュン 1.35.6 13
16 8 18 インプレッション  1.35.7  7
17 5 10 シルクトゥルーパー 1.35.7  9
18 7 15 マルターズビクター 1.35.8 18
LAP :12.5-11.0-12.0-11.9-12.0-11.3-11.3-11.6

 何かこの週(?)の東京芝は外が伸びなかったようで、直線内を通った先行馬がそのまま雪崩れ込むという馬場だったらしい。ナニソレ、全然知らなかったよ…。◎マイネルハーティーにとっては最悪じゃないですかー。

 まぁ確かにVTRを見てみると、NHKマイルカップ(G1)に限らず、全体的にそんな感じだったね。去年10月の東京競馬も直線内有利の前残りで馬券成績最悪だったんですけど…。開幕1、2日目は仕方ないとしても、3週目終わってそんな感じでは厳しいなぁ。

 ただ、◎マイネルハーティーが前走NZT(G2)と同じぐらい走っていたとしても、ラインクラフトは交わせなかっただろうね。それぐらいラインクラフトの走りは強く、堂々としたものだった。この走りっぷりを見るに、どうも1400mや1600mより長い距離のほうがいいっぽい。中1週でオークスに出てても勝ち負けになったと思うよ。

 この馬に関しては大物警報を発令(2004年11月)したり「フツーに世代牝馬トップクラス」(2005年3月)とトーンを下げてみたりと色々あったけど、やっぱ最初の評価通り同父のスイープトウショウより上っぽいね。適性距離はマイル以上。ただ、牡馬と走るなら2000mがギリギリだろうけど。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.