競馬マスターズ
2019年05月19日16:02 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - 京都新聞杯予想

枠馬 印 馬名        超瞬平消  能力
1 1  ケイアイヘネシー  3260  93
2 2  トーセンディライト 0230  −
2 3  ケージーツヨシ   2111  93
3 4  ピカレスクコート  1300  100
3 5  シルクネクサス   2221  97
4 6  コウエイマーブル  2310  91
4 7 ◎ インティライミ   0210  97
5 8  タマモコンチェルト 0311  91
5 9  コメディアデラルテ 1120  98
6 10  コンゴウリキシオー 1300  98
6 11  ヴァーミリアン   3000  100
7 12  コスモアブソルート 0510  93
7 13  メガトンカフェ   1200  95
8 14  アドマイヤフジ   1020  98
8 15  シルクトラベラー  0210  93

 このレースにて予想されるベストの適性は「1630」で、瞬発戦を想定。脚質的には差し馬が100%優勢。試験的に瞬発戦を「普通の瞬発戦」と「超瞬発戦」に分けてみた。「超」と「瞬」を足したものが前回までの「瞬」ってことで。

 京都コースは東京みたいに瞬間的にラップタイムが上がるワケじゃなく、3コーナーの下り坂から徐々に加速。それも重賞レベルだと瞬発戦に分類されていたんだけど、これなら東京・京都の違いが明確になるかも。ただ、数字が4つになると見づらいのは間違いないね。

 しかしこれはピカレスクコートかインティライミか、悩むなぁ。ピカレスクコートは未勝利勝ちの内容が素晴らしく、さらに重賞4着を経験しての距離延長、結構高い確率で未勝利勝ちと同レベルの競馬が出来そうな雰囲気に見える。しかしこのコースは逃げ馬には相当厳く、逃げ以外の戦法では勝てていないという辺りが引っ掛かる。

 皐月賞回顧で「菊花賞で要注意」と書いたアドマイヤフジは、母アドマイヤラピスがそうであったように、ここでも瞬発力不足なぐらい鈍重かも。菊花賞で勝ち負けできるほどの馬ならここでも大きく崩れはしないだろうけど、2〜5着って感じかな。

 ヴァーミリアンもコンゴウリキシオーもここでの立て直しは難しそうだし、そうなると残るのはインティライミ。ジックリ落ち着いての直線勝負を希望するよ。騎手は昨日ほめた佐藤哲三さんだ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.