競馬マスターズ
2019年05月26日15:09 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] ラップタイム解析講座 - 最近8ヶ月間の成績と年間成績

 

 「競馬予想の帝王学」での本命馬の成績を集計してみました。前回集計した2004年10月4日以降、2005年6月8日まで。◎の単勝を同一金額で買い続けた場合。

88戦【29- 7- 6-46】
◎の勝率    33.0%
◎の連対率   40.9%
◎の複勝率   47.7%
回収率    137.0%
単勝平均配当 415.9円

 目標としては「的中率20〜30%をキープしつつ、回収率120%超」なので、それはクリア。ただ、的中率よりも回収率を重視したいので、勝率33%はちょっと当たり過ぎか。的中率を20〜25%程度に抑えられれば、回収率は150%を超えるかも知れないから。

 なぜかって、的中率と回収率は反比例するものだからね。的中率を突き詰めれば回収率が上がらないし、回収率のみを追求すると的中率が悲惨なことになる。追い求めるべき2つの道が完全に反比例するからこそ、競馬は難しいんだよ。

 競馬をやる以上、回収率は100%を超えないと話にならないし、101%や105%なんてのも余程の資金力がないと無意味なこと。回収率120%以上を見込むには的中率50%以上なんてものを望んではならず、そういったことを考えての妥協点が的中率20〜30%に落ち着いたワケさ。だから的中率が30%を超えたことを喜んではいられない。できることなら下げなければならない。

 そして、前回集計分を足して2004年3月27日以降2005年6月8日までとすると、下記のような感じになる。まぁこれがほぼ年間成績みたいなモノかな。マグレ当たりのような安田記念万馬券的中よりも、こっちのほうが全然誇りになる。この成績は武豊にも負けないと思うよ。

146戦【47-17-15-67】
◎の勝率    32.2%
◎の連対率   43.8%
◎の複勝率   54.1%
回収率    134.2%
単勝平均配当 412.6円

 

過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.