競馬マスターズ
2019年05月19日16:02 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 村沢和英 ] モニター調教師の相馬眼 - 初春賞予想

 

個人的に結構好みなのが1000万〜準オープンクラスまでの中山ダート1200m戦。意外にもマギレがあまり起こりずらい若干の芝適性をも必要とする舞台である。予想を超えた域ではあるが、道中での位置取りが明と暗とを完全に分けてしまうのもこの舞台の重要な演出効果である。

基本的に芝部分を長く走れることで、流れに乗りやすい外枠の芝適性をも兼ね備えた本質ダート馬というのが基本的な狙いのコンセプトかと思える。外枠ではトーセンラヴ、ベルモントサンダーあたりが芝適性をも併せ持つ候補とも思えるが、ダート巧者と呼ぶには少々心もとない為、芝でも走れそうな可能性を秘めた本質ダート巧者と思えるピサノヨシツネから入りたい。

チョウカイロイヤルとの同舞台での再戦。ピサノヨシツネからすれば前走はまさに位置取りの差。内に潜れたチョウカイと大外を回らされたピサノとは致命的な明暗。ピサノも始めての1200mということで行き脚が今ひとつではあったが、今回は芝目を長く走れる大外枠が最大限に加速を援護してくれる。

騎乗しているのが昨日同舞台のガーネットSを芝馬リミットレスビッド(隠れダート巧者)で勝った田中勝というのもいい。中山のダート1200mは芝部分で行き脚(巧く加速)がつきさえすれば、芝馬が感じるはずのダートでの脚の重さも最小限で食い止められ、芝・ダートというレース環境の変化というものをあまり馬が感じる事無く走れちゃうんじゃないかなぁと思えるんだよね。(なんせ距離が距離だし余力も・・・但しスピードは必須ってとこ)

けどペース配分だけは要注意ってとこだね。無理して加速を生むのと馬との呼吸の中(馬任せ)とでは馬の気分も全然違ってくるだろうしね。なんせ馬もトップスピードに近い状態だから、騎手のほんの少しの指示系統が勝敗の大きな分岐点になると思えるし。まぁよくは分かんないけど中山ダート1200mへの騎手意識ってすんごい興味あんね。まぁそんなとこです!

 

中山10R  初春賞

 

◎ 15 ピサノヨシツネ

(選択券種) 単 ・ 馬単 ・ 3連単

(注意事項) 曜日感覚のなさ 

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.