競馬マスターズ
2019年07月14日15:13 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 村沢和英 ] モニター調教師の相馬眼 - CBC賞予想

 

今のスプリンター路線の勢力図って正直どうなんでしょう?スプリンターのG1ではサイレントウィットネスやデュランダルに制圧され、ココはG1では足りない馬達が集まった中京コースのG2戦。そして人気もG1では足りないその馬達が形成している。ならば・・・可能性(速さ・適性)を未だあらわにしていない3歳馬を狙ってみたいという衝動にかられる。血統的な背景をも踏まえ、本命ビッグプラネットとしてみたい。圧巻は前走のマイルCSの内容だ。コンマ4秒差の7着、前後半同一ラップの走り(ラストも垂れていない)マイルとの比を考えても断然今回の1200mにこそ適性が伺える。スワンS、マイルCSでの走りを見る限り先手を取らなくともレースは作れる。人気のマルカキセキはルメールへの乗り代わりがどうしても気になる所で、祐一あっての能力全快の類と思えてならない。よって馬券は3歳馬を中心にビッグプラネットから流してみたいというのが結論。雪降んねぇよなぁ・・・。

<< 中京11R CBC賞 >>

◎15 ビッグプラネット

○ 9 シンボリグラン
▲ 1 シーイズトウショウ

△ 4 ウインラディウス
△16 ローエングリン
△13 フェリシア

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.