競馬マスターズ
2017年12月17日15:16 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 村沢和英 ] モニター調教師の相馬眼 - カシオペアステークス予想

 

待望だよ!やっと念願の豊が乗ってくれる◎ハイアーゲーム。いつか豊や祐一や小牧が乗ってくれることを切に願っておりました。馬の調子はず〜っとイイし、この馬って癖馬の部類で乗役次第で必ず変わるはずです。元々右回りは有馬記念を見ても問題ないし、同じ世代のハーツクライなんかより断然絶対能力は上。そんでもって今回の京都外回り1800mという舞台設定がなんとも魅力。3〜4コーナー下りで直線フラットという馬場はまさにこの馬向き。近走一連のモヤモヤを晴らす絶好の機会であることに間違いなし!グレイトジャーニーとかエイシンニーザンあたりが無謀な過剰人気を少しでもかぶって欲しいネ。スパッと斬れないけどハイアーゲームの脚はフラットな距離が長ければ長いほど効果があるんだよ。

京都11R カシオペアステークス

◎ 1 ハイアーゲーム

○10 エリモハリアー

△ 7 ボーンキング
△ 2 スズノマーチ

 

東京ダート1400mのハンデ戦。一見混戦イメージもありますが、戦績を比較すると重いハンデ背負っている馬達の実績が抜けてるね。まぁハンデも妥当だと思うなぁ。なかでも前走でジンクライシスを破っているタイキエニグマなんかは力が一枚違うと思うんだけど・・・。でもでもここはハンデ戦だしちょいと狙おう・・・同じタイキのヴァンベールを本命に押す。根拠は距離と斤量。この馬は比較的流れに乗ることが出来る器用な馬なので1400mという距離の方がかえって走りやすいと思うんだよね。さらに斤量も他の有力馬との比較で1キロ有利とみてるんだよ。2回東京で1000万下クラスを連勝(1600m戦)した東京ダートはもってこいの舞台。立て直しの効果も加味してココは順番だよ。

東京11R ブラジルカップ

◎11 タイキヴァンベール

○ 8 タイキエニグマ

▲ 7 ワキノカイザー
△12 スリージェム
△16 ヒカルバローロ

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.