競馬マスターズ
2019年05月19日16:02 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 村沢和英 ] モニター調教師の相馬眼 - 札幌2歳ステークス予想

 

中山競馬場ダートコースで行われたサイレントウィットネスの直前調教を確認した。ハッキリと物申すと「不慣れな環境」丸出しの走りであった。とともに安田記念終了時に感じていたはずの「あの強さ」が完全に脳裏から離れた。

多頭数かつ小回りコースでの電撃戦に対応出来る「勘」は今のサイレントウィットネスには無い?と考えている。馬が感じる不慣れな環境下でましてや手探り状態での走りではスピードなど発揮出来るはずもない。

「勘」や「慣れ」を要する多頭数の中山1200mこそ地元(日本馬)のアドバンテージは限りなく大きいものとなる。正当な力関係を求めるのであれば競馬においてもホーム&アウェー制での勝負、又は第三国での勝負というものも必要では?と思うのだ。環境への適用という意味で、それほどにホームとビジターとでは差が生じるものだ。

だからこそ、常に圧倒的不利を虐げられるビジター馬の完全勝利を見てみたいと願ってしまう。願わくばサイレントウィットネスの圧勝劇を。果たして馬券として買いきれるものなのか?迫られる結論の前に、まずは今日・・・。

<<< 札幌11R 札幌2歳S >>>

◎アキノレッドスター

札幌芝コースでの最終追い切り。併走馬に歩調を合わせ余裕の併入。具合の良さに疑う余地も無く、2戦目の上積みと人気ほどの差はないと考えられるメンバー構成からしても面白い存在かも。

○マツリダゴッホ
▲ニシノロドリゲス

△フラムドパシオン
△ニシノアンサー
△ディープエアー
△アドマイヤムーン

 

<<< 阪神11R ポートアイランドS >>>

◎マイネルハーティー

前走も狙ったが調教からして状態はいい。不運が重なった前走は度外視。重賞から一転、底辺のOP特別へ。ここはまさに確勝を期しての地元ホーム戦。

○マヤノシャトー
▲ビッグプラネット

△タニノマティーニ
△エイシンヴァイデン
△アルビレオ

 

<<< 中山9R 芙蓉S >>>

◎トーヨーエーピ−

今日はここ勝負かな。今週の調教が実に軽快。奥を感じさせる馬体と走法。そして何より気配が素晴らしい。馬齢をも感じさせないこの馬のレースでの走りがどんなものか?先々の期待をも込めて確認しておきたい。

○デンシャミチ
▲リードザウェイ

△カノヤバトルスター

 

最後になったが、サイレントウィットネスの不慣れな環境丸出しの走りとは、スピードにのった直線にて「影」に怯んで大きなジャンプをしながら走っていたという事。それと、なんか全体的に馬が不安ありげ?に映ったんだよね。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.