競馬マスターズ
2019年05月19日16:02 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 村沢和英 ] 坂路で輝く宝石達 - 函館記念回顧

 

ブルートルネードが先導役かいな!なんで?どうして?どないしたっちゅうねん。グランリーオも行く気になってたじゃん。小回り平坦の重賞じゃ逃げたらキツイよ。そもそも持ち味は番手じゃん。おかげをもって必要以上の徹底マーク食らっちゃってるし。あの展開で2着に残る自力があるから余計に言いたくなるよ!頼むよ典ちゃん!勝たせてやってよ!

しかしビックラこいた。エリモハリアーって先行出来る脚あるんだね。おまけに折り合いピタリで器用だよ。まぁ本来エリモハリアーの競馬をブルートルネードがしなきゃ・・・なんだけどね。スタートが良かったから行かせたのかなぁ?

エアセレソンも案外だったねぇ。具合は良かったはずだから、やっぱ小回りの忙しい競馬が不向きかも?それと調教での抜け出してからのムチ2発が余計だったかも知れない。個人的には今回のハンデ(56.5)はトップハンデ馬に優しい設定だったと思ってるしね。つまりは「力量不足」ということか。

仮にこのメンバーでもう一度・・・なんてことになっても上位2頭に変わりはないね!ただ1.2着は僅差で入れ替わると思うなぁ。

あれだけツツかれ・プレス受け・にもかかわらず2着に残したブルートルネードは底力感じさせるよ。それに函館の平坦小回りって、この馬に基本的には不向きだと思ってるしね。(やっぱ小細工なしの広いコース向き)

とりあえず今回の上位2頭は順調に『秋』を向かえて欲しいというのが率直な感想。

でも・・・横山典が逃げ馬に乗って逃げ切れる確立ってどんな数字なんだろうねぇ?私の記憶には彼が捕まるシーンしか・・・。

・・・やっぱり残ってない。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.