競馬マスターズ
2017年12月17日15:16 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 村沢和英 ] 坂路で輝く宝石達 - 函館記念予想

 

前哨戦である巴賞の結果をどう判断するか?が今回の函館記念の急所と思える。ではどう見るかだ。巴賞は「不良馬場」による1800mで1分55秒0という決着。勝ち馬は後方から「位置取り9−7−4」と徐々に上がってきたエリモハリアー。つまりは不良馬場でも自分から動けていたエリモハリアー。

3着馬も同じように後方「位置取り10−7−4」と不良馬場を気にせず、自分から動けていたマチカネメニモミヨ。その間に入ったのが、終始2番手追走で2着したブルートルネードだった。ちなみにレースを引っ張ったグランリーオも3馬身ほどの着差だったことを考えると、先行2頭(グランリーオ、ブルートルネード)にとっての敗因に一見、ペースや流れというものは当てはまらないようにも思える。

人気の一角エアセレソンとて本来の待機策ではなく、巴賞では好位5番手からの競馬をし、さらに位置取りを5−3−2と自分から押し上げている。つまりは巴賞での不良馬場というものは、この馬には影響なかったと判断出来る。にもかかわらず4着に惜敗。(時計を要す芝不良馬場では本来、スタミナの無い先行する馬には厳しい)

なにが言いたいか。巴賞は結果的に先行馬に厳しい流れであったということと、不良馬場への適性というものが絡んだ結果と判断している。

ならば話は早い。自己の適性に反した巴賞で先行して敗れた馬という事になる。そう・『ブルートルネード』だ。この馬には3回東京・むらさき賞で1800m1分46秒2という開催NO1の価値ある走破時計がある。要はコノ馬のベストパフォーマンスは良馬場時計勝負。でいて不良馬場の巴賞で、同じ厳しい先行体制にあったグランリーオ、エアセレソンらを押さえて先着している。

良馬場やハンデ差(−2)および鞍上強化などを加味すると負けの要素がない?生産が白老ファームで鞍上が横山典って去年のクラフトワークと同じだし!1800mに適性ある馬に1ハロン延長の2000mなどノープログレム!

最後に調教を言うとブルートルネードはまずまずの合格点だね。特に良く映ったのがマチカネメニモミヨと併せた「エアセレソン」なんだよ。余裕の手ごたえでスーッと交わして最後に藤田が渾身のステッキ2発!伊藤雄・藤田の勝負気配がなんとも不気味でねぇ!ブルートルネードとの1点でいこっかなぁ・・・悩む。

 

『函館9R函館記念の結論』

◎ブルートルネード

○エアセレソン

▲グランリーオ

△スプリングシオン
△テイエムジェネラス
△ワイルドスナイパー

 

『小倉10R佐世保ステークスの結論』

◎ヒューマ

単走追い、しかも余力残しで終い11・5秒。具合の良さ歴然。コノ馬にとって久しぶりの好条件(芝1200m)レース出走。本来「勝てる馬」の部類のはずで、好状態での出走となればココは抜けてきても。

○フサイチホクトセイ
▲ツルマルオトメ
△マルカキセキ
△クリノワールド
△ケイアイフウジン
△ロックスキル

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.