競馬マスターズ
2017年10月15日15:14 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 村沢和英 ] 坂路で輝く宝石達 - NSTオープン予想

 

調教重視の私として、このレースは状態のいい馬が揃って出走しているという感想。内からロイヤルキャンサー、ダイワメンフィス、ゴールデンキャスト、イシノミューズ、ロードフラッグらが該当。とくにダイワメンフィスの状態は素晴らしいね!

でもって本命はダイワメンフィスといきたい。距離微妙という向きも確かにあるがWでの「あの動き、時計」が脳裏を離れない。オープンでの力量も確かに不安はあるが全てをチャラ(無し)にしても今回のダイワメンフィスは狙わざるおえない価値を感じてしまう。

京王杯SC、安田記念時にみた「アサクサデンエン」のW調教に勝るとも劣らない内容と映った。(決して言いすぎではない。)

レース環境も後押ししている。他有力馬達のゲートが外寄り志向にて、内目から先行するであろうロイヤルキャンサー、メジロダンダークあたりを終始射程にいれての内目経済コースの追走が予測される。(おまけにコノ馬は折り合い完璧ときた!)

新潟1400mという中途半端な距離と、長すぎる直線を意識してかペースはさほど速くはならないと予測がたつ。オープンでの力量の裏付け、始めての芝1400mと左回りという不安?など今のダイワメンフイスには関係なし。というのが結論。ていうか不安材料が現実に『不安』として当てはめる事が出来ないほど『馬のデキ』に魅力を感じてしまう。(キャリアも少ないし不安とか適性を判断するのは早計)

ちなみにこの馬は、勝った前走後さらに馬が良くなって変わってきています。

新潟11R NSTオープン

◎ダイワメンフィス

○マイネルソロモン
▲ウインラディウス
△ロードフラッグ
△ゴールデンキャスト
△イシノミューズ
△ロイヤルキャンサー

新潟12R牝馬限定

◎モーディッシュ

今週の好調教関東馬の一頭。Wでの好時計。でもって余裕の併走先着。芝短距離での変わり身が大いに期待できる。この条件の牝馬限定戦なら頭で狙えるデキにある。ちなみにシングスピールの産駒は断然芝向き明らかだしね。この馬のリセット後の再スタートにのる価値は大いにあると判断。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.