競馬マスターズ
2019年07月14日15:13 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 村沢和英 ] 坂路で輝く宝石達 - マーメイドステークス回顧

 

行ったまんまの決着だったね。ダイワエルシエーロは坂路見てて状態が上向いているのが見て取れた。能力どおりの勝利かと。調教見ててもこのレースの出走馬達全てにつき(勝ち馬は除く)なんかパッとしない状態、臨戦過程を感じた。

えてしてそんな時のレースは先に行ったもん勝ち。たまにあるんだよねぇ「状態イマイチ馬限定レース」が。それが今回たまたま『重賞版』になっちゃっただけ。

ダイワはともかく、2000mの距離不安を抱えていたマイネサマンサでの安勝の騎乗はさすがだね。(七夕賞のグラスボンバー勝浦にあの積極性があったら・・・)

さらに言うとこのレース『動けない馬限定レース』の様相も。という訳で前が残るのは当たり前の結果。人気になった?レクレドールはそもそも、この結果が妥当な能力だと思われる。戦歴の価値もイマイチ?なのに過剰人気になりすぎるパターンといえるし、他馬に決定打がなく、押し出されての人気になったとの見方も。

惜しまれるのはメイショウオスカル。調教見てる人間から言わせてもらえば、この馬は明らかに「調子落ち」の部類。過去の戦歴からしてもこの馬の潜在能力は高い。牡馬に混じっても好走できる馬だとも評価している。

最後に勝ち馬の勝因としてもう一つ『鞍上・福永祐一』と付け加えておくとしよう。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.