競馬マスターズ
2019年01月20日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ よしながえいじ ] 勝ち馬決定!バランスシート - 天皇賞(秋)予想

 

<天皇賞(秋)>

投資格付:BB
◎購入法:馬連BOX

◎14 スイープトウショウ
○13 ゼンノロブロイ
▲5 メイショウカイドウ
△5 アサクサデンエン
△12 ダンスインザムード
△2 スズカマンボ

スイープトウショウは厳しいペース好きの差し馬。ゲートに難があり、負けたレースは、スローペースかフルゲートでの最後方で脚を余したケース。「差し馬である」という事実を見れば、本来ならスローなんてもってこいのはずなんだけどね。結構珍しいタイプ。

旧来のステレオタイプである「ハイペースになればなるほど差し馬有利」というのは誤った考え方で、特に今回出走している中ではハーツクライやテレグノシス、ハットトリックあたりが「スローになればなるほど有利な差し馬」なんだよね。

完調かなり手前のタップダンスシチーと、若干能力不足のストーミーカフェである程度のペースは確保可能。となればスロー差し馬は全部切りで大丈夫のはず。だから、毎日王冠上位馬と前走芝2000m超を使った馬は全てバッサリ。するともうこの印をつけた馬しか残らない。。。

でBOXにする理由ですが、

スイープトウショウ
→ゲート難がなければの前提がある
ゼンノロブロイ
→軽すぎる調教と海外遠征ダメージ
アサクサデンエン
→中間のアクシデントで若干間に合わせ気味なのと叩き良化型だと調教師が思っている点(事実は違うはず)

ということで実力馬が頼りないのと、

メイショウカイドウ
→実はG1向きのハイペース耐性がある。だから前走の負けが非常に好材料

ダンスインザムード
→前走を完全に競争意欲回復のための試走に利用した点。そしてそれに成功している

スズカマンボ
→春の天皇賞を勝った理由が不明だが適性距離はこの距離のはず

この辺りの好材料があり、持ちタイムや実績は申し分ないためですね。少なくともハーツクライが2番人気というのはおかしい。母親も3番人気で10着ぐらいに敗退したんじゃなかったっけ?

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.