競馬マスターズ
2019年05月26日15:09 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ よしながえいじ ] 勝ち馬決定!バランスシート - 宝塚記念予想

 

<宝塚記念>

投資格付:AA
◎購入法:馬単1着付け流し

◎15 タップダンスシチー
○9 リンカーン
▲4 ハーツクライ
△8 サンライズペガサス
△6 ゼンノロブロイ
△11 スイープトウショウ

3角から仕掛けて4角では先頭に立ちそのまま押し切る。佐藤哲JK&タップダンスシチーの常套手段であり、そしてその競馬が確立されてからは善戦馬を脱し6歳以降G12勝を含む7勝をマークしております。

しかしここ最近のタップダンスシチーは若干趣が異なってきております。ひとつは連対相手、もうひとつはレース振り。

タップダンスシチーがオープンクラスに昇級してからの連対相手は、昨今のサンデーサイレンス産駒大量出走時代において、11回中わずか2回。その2回とは、昨年有馬記念のゼンノロブロイ、そして前走金鯱賞のヴィータローザなんですね。それまで、基本的にはサンデーサイレンス産駒とのセットはない馬だったんですが、ここ2走連続してサンデーサイレンス産駒が相手になっております。

今までなら、大量出走しているサンデーサイレンス産駒を全て切り捨てて残りの馬をつければよかったんですが、ここ最近は逆にサンデーサイレンス産駒を相手にすればいいのかも。

もうひとつ、レース振りですが、冒頭に述べた「3角仕掛け」が、ここ最近は「向こう正面仕掛け」に変化している気すらします。この影響で、最も実力のある馬以外はほとんど最後方に近い位置からの2着狙い差し込み。これができる馬を相手にすべき、となっております。

上記視点から選んだのがこの印。サンデーサイレンス追い込み馬+ロブロイ+サンデー以外の追い込み馬のラインナップ。ヴィータローザは入れてませんがそれは他馬との役者の違い。また追い込み馬と違うサンライズペガサスは阪神コース5戦4勝2着1回とほぼパーフェクトなので入れてみました。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.