競馬マスターズ
2019年06月23日15:36 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 島崎リョウコ ] 必勝傾向!重賞偏差値 - 東京優駿(日本ダービー)

 

 
1番人気
2〜3番人気
逃げ・先行馬
勝率
33.4
75.7
15.4
12.6
11.9
 5.0
複勝率
61.2
100.0
44.8
56.8
32.3
30.3
 
連闘、中1週
休養明け
前走非重賞
勝率
 4.8
 0.0
 7.8
18.1
 5.5
 3.7
複勝率
16.5
 0.0
22.3
18.1
18.4
18.6
 
前走1着馬
前走2〜3着馬
500kg以上
勝率
10.3
12.4
 9.7
 9.2
 7.6
 0.0
複勝率
27.6
37.1
28.5
20.7
21.3
31.6
 
距離延長
距離短縮
8枠
勝率
 6.5
 8.6
 7.9
 0.0
 6.9
8.7
複勝率
19.5
22.3
22.9
 0.0
20.9
21.7

過去10年で1番人気が6勝、1997年にメジロブライトが3着になった以外はすべての1番人気が連対しています。複勝率は100%。2〜3番人気の成績も悪くはなく、着実に2〜3着をキープ。さすがにクラシック最高峰のレース、かなり堅めになってますね。

1997年にはサニーブライアンが逃げてダービー制覇しましたが、直線の長い東京コースでほとんどの先行馬は3着止まり。3連単3連複ならまだしも、連勝馬券では狙わないほうがいいかもしれません。

休養明けでの好走は、奇跡のダービー馬と言われたフサイチコンコルドだけ。さらに500kg以上の大型馬は520kgシンボリクリスエスや502kgダンスインザダークもふくめて、20頭が走っていますが1勝もできていません。

危険な人気は、前走皐月賞の2着馬。皐月賞の2着馬がダービーで2番人気になるパターンは良くないようです。
1996年2番人気 4着ロイヤルタッチ
1998年2番人気14着キングヘイロー
2000年2番人気12着ダイタクリーヴァ
2003年2番人気 7着サクラプレジデント
2004年2番人気 8着コスモバルク

穴馬としての狙いは外枠でしょうか。3着が多いのですが、これらの馬はすべて7枠か8枠からのスタートでした。
1996年 7番人気1着フサイチコンコルド
1996年 9番人気3着メイショウジェニエ
1997年 6番人気1着サニーブライアン
1998年14番人気2着ボールドエンペラー
1998年15番人気3着ダイワスペリアー
2000年 6番人気3着アタラクシア
2003年 7番人気3着ザッツザプレンティ

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.