競馬マスターズ
2019年06月23日15:36 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 島崎リョウコ ] 必勝傾向!重賞偏差値 - 優駿牝馬(オークス)

 

 
1番人気
2〜3番人気
逃げ・先行馬
勝率
33.4
25.1
15.4
18.8
11.9
 5.4
複勝率
61.2
62.7
44.8
37.7
32.3
16.4
 
連闘、中1週
休養明け
前走非重賞
勝率
 4.8
 0.0
 7.8
41.8
 5.5
 2.1
複勝率
16.5
 0.0
22.3
41.8
18.4
 4.2
 
前走1着馬
前走2〜3着馬
500kg以上
勝率
10.3
 7.7
 9.7
10.0
 7.6
 0.0
複勝率
27.6
28.1
28.5
22.6
21.3
 0.0
 
距離延長
距離短縮
8枠
勝率
 6.5
 7.0
 7.9
 0.0
 6.9
 8.9
複勝率
19.5
21.2
22.9
 0.0
20.9
31.4

ちょっと人気馬苦戦の傾向も出ていますが、特に気にするほどでもないでしょう。すべての馬が距離延長の初距離ということで荒れるレースだと思われがちですが、ごく平均的です。不安視された桜花賞馬が底力を見せて好走するのもオークス、絶対視された馬があっさりと負けてしまうのもオークスですから。

 昨年はダイワエルシエーロが4コーナーで先頭という強い競馬で勝ちましたが、やはり東京競馬場の直線はそんなに甘いものではなく、先行馬には厳しいレースのようです。

あとはやっぱり枠順、牝馬には重要なポイントです。8枠だけでなく7枠の強さもめだつところで、フローラSもそうでしたが外枠が有利になっています。繊細な牝馬に広々とした東京コース、外枠が有利なのも当然なのでしょうか。

危険な人気馬は、前走桜花賞での1番人気馬。キョウエイマーチやアドマイヤグルーヴは桜花賞で強い勝ちかたでしたが、勝っていても負けていても、桜花賞1番人気が引き続き1番人気になるケースは注意しましょう。
1995年1番人気13着ライデンリーダー
1997年1番人気11着キョウエイマーチ
2002年1番人気 5着シャイニンルビー
2003年1番人気 7着アドマイヤグルーヴ
2004年1番人気 4着ダンスインザムード

穴馬としての狙いは軽量馬です。下に並べたような人気薄に加えて、オークス好走馬のほとんどは、軽量といわれる440kg以下の馬ですので。
1997年13番人気2着ナナヨーウイング 436kg
1998年 7番人気1着エリモエクセル  422kg
1999年 7番人気1着ウメノファイバー 428kg
2002年12番人気2着チャペルコンサート418kg
2003年13番人気2着チューニー    438kg
2004年 6番人気1着ダイワエルシエーロ430kg

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.