競馬マスターズ
2019年06月23日15:36 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 島崎リョウコ ] 必勝傾向!重賞偏差値 - フローラステークス

 
1番人気
2〜3番人気
逃げ・先行馬
勝率
33.4
22.8
15.4
11.4
11.9
16.0
複勝率
61.2
79.9
44.8
51.4
32.3
23.9
 
連闘、中1週
休養明け
前走非重賞
勝率
 4.8
 3.8
 7.8
28.5
 5.5
 4.7
複勝率
16.5
19.0
22.3
28.5
18.4
22.1
 
前走1着馬
前走2〜3着馬
500kg以上
勝率
10.3
 4.3
 9.7
 8.4
 7.6
 0.0
複勝率
27.6
19.8
28.5
38.0
21.3
 0.0
 
距離延長
距離短縮
8枠
勝率
 6.5
 8.3
 7.9
 0.0
 6.9
20.8
複勝率
19.5
17.7
22.9
28.5
20.9
36.3

昨年はイントゥザグルーヴが17着に大敗してしまいましたが、1番人気はかなり高い確率で好走しています。2〜3番人気の好走率も高く、5番人気も5連対。上位人気5頭ぐらいで決まる確率の高い重賞といえるでしょう。

さすがに東京コース、逃げ馬の好走は難しいみたいです。とはいっても、勝ち馬の半数以上は先行馬。差し・追い込み馬は届かず2〜5着というパターンが多く、連単の軸としては差し・追い込み馬よりも先行できる馬を狙ったほうがいいかな。

休養明けでの出走は少なく、そういった中で1995年にサイレントハピネスが1着。これはデータが少なすぎてあまり参考にならないかも知れません。

傾向として一番めだつのは8枠の強さでしょうか。人気馬が大敗するケースもあるので強くはオススメできませんが、広々とした東京コースでもまれない8枠というのは、繊細な牝馬のことですから何か関連性がありそうですね。

サンデーサイレンス産駒の産駒は過去10年で4勝、2000年にはマニックサンデーが9番人気で勝ったりもしていますが、2003年1番人気6着のセイレーンズソングや2004年1番人気17着のイントゥザグルーヴのように、人気での信頼度はあまり高くないようです。

穴馬選択のポイントは、ズバリ乗り替わりですね。2003年14番人気1着のシンコールビーをはじめとして、2002年9番人気1着のニシノハナグルマや2000年9番人気1着のマニックサンデーなど、3着以内にきた大半の穴馬は、前走と騎手が替わっていましたね。

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.