競馬マスターズ
2019年03月17日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 島崎リョウコ ] 必勝傾向!重賞偏差値 - 産経大阪杯

 
1番人気
2〜3番人気
逃げ・先行馬
勝率
33.4
62.1
15.4
 4.4
11.9
12.9
複勝率
61.2
70.9
44.8
44.3
32.3
27.7
 
連闘、中1週
休養明け
前走非重賞
勝率
 4.8
 0.0
 7.8
11.1
 5.5
 6.3
複勝率
16.5
 8.3
22.3
33.2
18.4
15.6
 
前走1着馬
前走2〜3着馬
500kg以上
勝率
10.3
10.6
 9.7
12.1
 7.6
10.3
複勝率
27.6
28.4
28.5
20.1
21.3
31.0
 
距離延長
距離短縮
8枠
勝率
 6.5
 4.5
 7.9
11.3
 6.9
 0.0
複勝率
19.5
18.2
22.9
31.8
20.9
13.3

まず目につくのは過去10年で7勝している1番人気馬の強さでしょう。2001年1番人気4着テイエムオペラオーの例もあって絶対視まではできませんが、強い馬が高い確率で勝つレースといえます。

それに押されて2〜3番人気の勝率は低くなってしまいますが、こちらも2〜3着は確実にキープするケースがめだつところ。10年で4度3着以内に入っている4番人気もふくめて、人気上位4頭で決着する可能性が高いレースです。

間隔をつめてきた馬の成績はよくなく、休養明けの実績馬が確実に入着。前走1600万条件だった馬の連対もありますが、基本的には調子より格を重視したほうがいいようです。

そのほか、めだつのは500kg以上の大型馬の活躍。過去10年勝ち馬の最低馬体重は462kgで、馬格は大きければ大きいほどいいようです。また、ジャパンカップや有馬記念以来となる実績馬が多いためか、距離短縮は好材料。例年少頭数ということもあり、ペースの違いにとまどう馬も少ないようです。

ちなみに、過去10年で勝つことができなかった1番S人気の3頭は、いすべれもここが年明け緒戦で、そのうち2頭は8枠14番でした。

穴馬はサンプルが少なすぎて傾向が出なかったのですが、条件戦を勝ち上がったばかりの馬でも通用しているあたりが、格重視の大阪杯では穴的要素になるかもしれませんね。

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.