競馬マスターズ
2019年06月23日15:36 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 島崎リョウコ ] 必勝傾向!重賞偏差値 - ダービー卿CT

 
1番人気
2〜3番人気
逃げ・先行馬
勝率
33.4
11.1
15.4
33.3
11.9
15.9
複勝率
61.2
55.6
44.8
66.7
32.3
29.5
 
連闘、中1週
休養明け
前走非重賞
勝率
 4.8
 8.3
 7.8
 4.5
 5.5
 8.2
複勝率
16.5
16.7
22.3
22.7
18.4
18.4
 
前走1着馬
前走2〜3着馬
500kg以上
勝率
10.3
13.0
 9.7
13.0
 7.6
 6.5
複勝率
27.6
34.8
28.5
34.8
21.3
12.9
 
距離延長
距離短縮
8枠
勝率
 6.5
 0.0
 7.9
 2.0
 6.9
 0.0
複勝率
19.5
16.7
22.9
15.7
20.9
18.8

1番人気の信頼度は低く、2〜3番人気の好走が目をひく重賞です。勝率33.3%、複勝率66.7%は、通常の1番人気馬以上の好成績。1番人気級の成績が2〜3番人気のオッズで買えるのなら、これはお買い得という以外ありません。

中山コースということで逃げ・先行馬が有利な印象もあるのですが、それほど極端な成績にはなっていませんでした。それよりもめだつのは、間隔をつめて使われている馬の好成績でしょうか。

前走着順は重要なポイントで、ほかの重賞にくらべて前走1〜3着馬の好走率が高めとなっています。G1で敗れた馬の実績をとるより、多少格下でも好調な馬を狙っていったほうがよさそうです。

さらに傾向として、前走からの距離延長や短縮はあまりよくなく、1600mを専門にしている馬が有利となっています。前走1600m以外からの勝ち馬は、2000年1着のフサイチエアデールだけ。これを連単の頭とするのは危険かも知れません。

人気馬凡走のパターンは、前走を勝っていない馬や、2ヶ月以上の休養を挟んでいる実績馬が1番人気になった場合。

逆に穴パターンとなるのは、前走1600mの東風S(今年は岡部幸雄騎手引退記念に名称変更)を使われた4歳馬。2003年7番人気1着のダンツジャッジと2004年7番人気1着のマイネルモルゲンがそれにあてはまります。

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.