競馬マスターズ
2019年05月19日16:02 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - スプリンターズS予想

 

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  アイルラヴァゲイン 211  97
1 2  プリサイスマシーン 420  96
2 3  アグネスラズベリ  281  97
2 4  オレハマッテルゼ  421  93
3 5  タマモホットプレイ 322  94
3 6  サンアディユ    131  97
4 7  アストンマーチャン 013  96
4 8  エムオーウイナー  023  93
5 9  アンバージャック  301  94
5 10  コイウタ      402  95
6 11  ペールギュント   023  96
6 12  ローエングリン   320  98
7 13  メイショウボーラー 030  93
7 14  クーヴェルチュール 144  96
8 15  スズカフェニックス 213  99
8 16  キングストレイル  020  94

予想されるベストの適性は「028」で、消耗戦を想定。
脚質的には先行馬が30%優勢。

まず(7)アストンマーチャンだが、この馬がなぜ人気になるのか、ちょっと理解できていない。2歳とか3歳の「牝馬限定の重賞」を半年前に勝っただけだよね? 現3歳の牝馬はレベルが高い? たしかにそうだけど、それはウオッカとダイワスカーレット以外の馬にも当てはまるのだろうか? 岡村の見立てとしては、この馬が勝ったレース自体は例年と比べてそう特筆すべき内容でもない。ウオッカとダイワスカーレットが傑出した存在だとしても、この馬はそれに含まれないのでは?

 

【予想詳細は、ウマニティ でご覧ください】

 

岡村信将の予想成績は→コチラ

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.