競馬マスターズ
2019年01月20日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - プロキオンS予想

 

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  ドンクール     212  91
1 2  ワキノカイザー   112  96
2 3  サンライズキング  026  96
2 4  フーバーダム    031  −−
3 5  オフィサー     012  94
3 6  オースミヘネシー  070  91
4 7  トシザヘネシー   021  94
4 8  キングスゾーン   010  −−
5 9  ブルーフランカー  128  95
5 10  アンクルリーサム  051  98
6 11  ボードスウィーパー 044  94
6 12  エイシンボーダン  022  −−
7 13  ツムジカゼ     022  96
7 14  ワイルドワンダー  061 101
8 15  リミットレスビッド 033  97
8 16  メイショウサライ  240  91

このレースで予想されるベストの適性は「145」で、消耗戦を想定。脚質的には差し馬が5%優勢。(14)ワイルドワンダーの前走は暴力的強さで、内容としてはG1勝ちにも匹敵するもの。過去には1600万下を勝った次走に「重賞でも即通用」と平安Sで◎を打った馬だったのだが、前走のような強さとは裏腹に、不可解な負け方も多い。

ひとつ考えられるのは、間隔が空くと良くないということか? 前走から2ヶ月以内の出走なら8戦5勝の成績なのだが、2ヶ月以上間隔が空くと7戦2勝、そしてその2勝は未勝利と500万下。決定的とまでは言えないが、少なくとも軌道に乗り始めてからは「2ヶ月以上間隔が空くと5戦5敗」ということになっている。

そう考えると、恐らく1.5倍前後になりそうな一本被りの人気が恐ろしい。ここは「G1勝ちにも匹敵する」能力を認めた上でも嫌うべき場面かと判断する。

とは言え、2番人気予定(15)リミットレスビッドにしても、3番人気予定(5)オフィサーにしても、「(14)ワイルドワンダーがいなければ大威張り」という感じにも見えない。それは(14)ワイルドワンダーが能力的に抜け過ぎているからというワケでもなさそうだ。

 

【プロキオンS予想詳細は、ウマニティ プロ予想DX でご覧ください】

 

岡村信将の予想成績は→コチラ

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.