競馬マスターズ
2019年05月26日15:09 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - 函館スプリントS展望

 

馬名         瞬平消
アグネスラズベリ   181
アズマサンダース   113
アドマイヤホクト   020
アンバージャック   401
エイシンツルギザン  011
コスモシンドラー   013
サープラスシンガー  203
タニノマティーニ   051
タマモホットプレイ  222
チョウカイロイヤル  082
ツルガオカハヤテ   048
テンジンムサシ    411
トールハンマー    181
ナカヤマパラダイス  003
ハリーズコメット   201
ビーナスライン    134
ブラックバースピン  501
ブルーショットガン  053
プレミアムボックス  022
メジロアダーラ    011
リキアイタイカン   126
ワイルドシャウト   047
ヴリル        210

 このコースで予想されるベストの適性は「136」で、消耗戦を想定。脚質的には先行馬が25%優勢。回顧することを投げ出したCBC賞の勝ち馬、ブラックバースピンが早くも出てきてしまった。さて、この馬がスプリント向きなのか…考えなきゃならない。

 しかしCBC賞自体、強い勝ち方ってほどでもないんだよね。レースの格はともかく、パフォーマンス比較なら未勝利戦芝1600mの勝ち方のほうが遥かにインパクトがあった。レース振りは3〜4コーナーで各馬が外を回っているところ、内を通って中団から先頭に並びかけ、4コーナーを回りきったところで外にぐいーんと持ち出す感じ。

 馬場状態的にベストの位置だったとは断言できないけど、距離的なロスが最小だったのは間違いないはず。やっぱり上手く乗られた感じで、昨年末の尾張S(芝1200mOP)で敗れていることからも、実は生粋のスプリンターだったとはちょっとまだ考えられないか。

 CBC賞に関しては位置取り的なことはアグネスラズベリもどちらかというとブラックバースピン寄りで、一番強い競馬をしたのは2着ナカヤマパラダイスのはず。先行勢でひと桁着順だったのはこの馬だけだしね。函館スプリントSを使うかどうかはまだ未定らしいけど、アイビスSDが向くとも思えないんだけどな。

 あとは前年の同レース勝ちで、先日の高松宮記念最先着(4着)のビーナスラインも人気かな? その前年函館スプリントSの差し脚を見るに、これはスプリンターの差し脚ではないとしか思えなかったのだけど、同じ函館なら再現がある…のか? ちなみにこの馬、函館芝1200mは5戦【4-0-1-0】だったりする。

 アドマイヤホクトの前走敗因はDDSPだとか? DDSPとは…軽いノド鳴り…かな? 時によって窒息したようになり、スピードが落ちるらしい。しかしその症状が出る確率を考えての予想なんて出来んよ。DDSPとかナイものとして考えるしかない。しかしここは距離の割には瞬発力の利くコースでもあり、波乱含みか。

 

岡村信将の予想成績は→コチラ

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.