競馬マスターズ
2019年01月20日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - マーチS予想

 

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  シーチャリオット  000  −−
1 2  カイトヒルウインド 325  91
2 3 ◎ トラストジュゲム  010  96
2 4  マルブツリード   101  95
3 5  トーセンブライト  420  99
3 6  クーリンガー    231  −−
4 7  ツムジカゼ     042  98
4 8  テイエムプリキュア 011  92
5 9  スナークファルコン 641  94
5 10  ヤマタケゴールデン 140  −−
6 11  オーガストバイオ  332  95
6 12  オリンピアンナイト 011  96
7 13  ビッググラス    258  98
7 14  ヒシハイグレード  120  92
8 15  クワイエットデイ  221  92
8 16  ヒカルウイッシュ  430  96

 このレースで予想されるベストの適性は「226」で、消耗戦を想定。脚質的には差し馬が50%優勢。中山ダートのセンハチは、他場のセンハチとはかなり違う。ちょっとビックリするぐらい消耗するコースなのだ。そういう意味では今回1番人気になるであろうビッググラスなんかはピッタリなんだけど、今回は鞍上に変な欲が出てきそうな予感。近走ダートで強さを見せているとは言え、半数以上は勝ちきれていない。これは本当の強さなのだろうか?

 対してトラストジュゲム。この馬については14戦しても適性がよく分からない。ただひとつ言えるのは、2歳時から重賞級の能力を示していたということ。ここまで出世が遅れたのは多分適性が合わないところを使われてきたためと推測するが、どうやら瞬発力よりも持久力で勝負するタイプと仮説を立てられるところまでは来た。この推測が正解なら、ここもアッサリとクリアできそうだが。

 

岡村信将の予想成績は→コチラ

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.