競馬マスターズ
2019年07月14日15:13 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - オーシャンS予想

 

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  ビーナスライン   234  98
1 2  サイレンスボーイ  113  93
2 3  アイルラヴァゲイン 210  97
2 4  コパノフウジン   222  95
3 5  シルクトゥルーパー 123  95
3 6  タイキジリオン   002  94
4 7  スピニングノアール 053  97
4 8  ニシノコンサフォス 271  99
5 9  タマモホットプレイ 232  96
5 10  コスモフォーチュン 121  97
6 11  アンバージャック  401  95
6 12 ◎ サチノスイーティー 454  96
7 13  ネイティヴハート  423  94
7 14  リキアイタイカン  225  93
8 15  シルヴァーゼット  016  96
8 16  テイエムチュラサン 122  94

 中山記念はローエングリンがハナを切り、想定したよりも速いペースで、◎エアシェイディが勝ちきれる領域に踏み込めず。こればかりは他力本願、緩いペースになると踏んでそうならなかったのだから完敗と言う以外にない。ローエングリンが逃げるとは思いもしなかったし、相変わらず展開読みがヘタクソだ。

 阪急杯は、こちらも◎スズカフェニックスの追い込みが届かず。昨年末阪神カップの時もそうだったけど、重賞だと意外と瞬発力勝負にならないなぁ。次この距離の重賞いつか知らんけど、覚えておこう。キンシャサノキセキってなんで負け続けても1番人気なんだろう? 色々条件が付く馬っぽいけど、「今回に限り、その条件が撤廃される」と毎回思われてる感じ?

 オーシャンS予想。このレースで予想されるベストの適性は「028」で、消耗戦を想定。脚質的には先行馬が50%優勢。1ヶ月前のシルクロードSと同様に、なかなか難しいメンバーだけど、少なくともアンバージャックはナイのでは? 4連勝→G1・1番人気からしぼんでいったプレシャスカフェを思い出す現況。

 指数が一番高く出たのはニシノコンサフォス。しかし初芝、ブライアンズタイムのダート向きは意外なほど偏執的で、ダートから芝替わりでの躍進はほぼ期待できないところ。◎サチノスイーティーは昨夏のアイビスSD勝ち以降サッパリのイメージがあるけど、近走そんなに負けていない。テンの速い競馬に慣れてきたのも良い傾向で、先手が取れれば押し切りも。


岡村信将の予想成績は→コチラ

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.