競馬マスターズ
2019年07月14日15:13 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - 中山記念予想

 

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  ブライトトゥモロー 330  93
1 2  ローエングリン   310  96
2 3  トウショウシロッコ 430  94
2 4  マルカシェンク   300  96
3 5  メイショウオウテ  300  96
3 6  グレイトジャーニー 731  96
4 7  インティライミ   120  96
4 8  タガノデンジャラス 500  95
5 9 ◎ エアシェイディ   700  97
5 10  タイガーカフェ   930  −−
6 11  ブラックタイド   110  93
6 12  ダンスインザモア  110  97
7 13  グランリーオ    352  92
7 14  ビービートルネード 000  −−
8 15  シャドウゲイト   120  97
8 16  ペールギュント   201  97

 アーリントンCは目論見どおり◎トーセンキャプテンが1着。この馬は今回も初重賞で2番人気だったように、能力以上に人気になりそうなところが気に入らないんだけど、今後はどうするんだろうね。距離延長で挑戦していくかな? 東京とか阪神ならともかく、マイルよりは絶対中距離のほうがいいと思う。

 中山記念予想。このレースで予想されるベストの適性は「541」で、瞬発戦を想定。脚質的には差し馬が15%優勢。中山記念は、この距離にしては珍しく逃げ先行が残りやすいレース。そういう意味ではシャドウゲイトとインティライミ、ハナを切れたほうがそのまま…なんて考えたりもしたけれどど、そこまで簡単なレースでもなさそう。

 例えば◎エアシェイディ、この馬って自信の前半の流れが楽なレースでは8戦【6-2-0-0】だったりするワケだ。逆に前半の流れが速いと自らも後方からの競馬となり、8戦【0-3-2-3】という成績。それを考えると近3走のマイル戦はよく頑張っていると言える。中山芝1800mはコーナー4つであまり速いペースにはならないと思う。今回は無意味に人気を落としそうだし、ここは狙い目か。


岡村信将の予想成績は→コチラ

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.