競馬マスターズ
2019年01月20日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - クイーンC予想

 

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  クラウンプリンセス 330  93
1 2  シャルロットノアル 001  −−
2 3  マロンラッシュ   301  −−
2 4  ジョウノガーベラ  002  −−
3 5  ハロースピード   010  95
3 6 ◎ シュガーヴァイン  200  95
4 7  ホットファッション 300  91
4 8  ディーズメンフィス 010  93
5 9 ▲ アポロティアラ   301  96
5 10  ラストベガ     120  93
6 11  ジョウノパンジー  110  91
6 12  ローズオットー   000  93
7 13  カタマチボタン   220  96
7 14  イクスキューズ   101  98
8 15  コスモフライハイ  200  −−
8 16  リラコルレオーネ  100  91

 先週のダイヤモンドSは特に言うこともないようなレース。ハンデ戦だしね。◎チェストウイングはAJCCと同じような感じで大敗。ここまで負けるってことは何かあるんだろうな〜。知らんけど。

 きさらぎ賞は単勝1.3倍のオーシャンエイプスが2番手から伸びず、後ろからも刺されるという内容。しかし今年の3歳重賞は人気先行が原因とは言え、なかなか波乱が続くねぇ。しかも京成杯サンツェッペリンも、きさらぎ賞◎アサクサキングスも逃げての勝利。共同通信杯フサイチホウオーもこれらの逃げを捉えきれたかどうかは微妙なところだし。サンデーサイレンス直仔不在の影響とか…?

 クイーンカップ予想。このレースで予想されるベストの適性は「730」で、瞬発戦を想定。脚質的には差し馬が55%優勢。イクスキューズはデビュー2戦がすごく良かったのに、その後伸び悩んでるか。ハロースピードは適性不明で人気になるならちょっと買いづらい。逆に適性面からは▲アポロティアラね。前走スプリント重賞勝ちも、むしろ距離延長歓迎かもしれない。しかし前走が鮮やかすぎたため、逆に前走ほどの期待がかけづらいというところがもどかしい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.