競馬マスターズ
2019年01月20日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - ダイヤモンドS予想

 

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  セレスステーラー  700  92
1 2  トウカイトリック  800  97
2 3  ラヴァリージェニオ 540  96
2 4  バイロイト     270  95
3 5  アドバンテージ   401  −−
3 6  ドリームパートナー 300  94
4 7  チャクラ      500  −−
4 8  デイフラッシュ   110  93
5 9  ターキー      110  94
5 10  メジロコルセア   100  −−
6 11  グラスポジション  163  91
6 12 ◎ チェストウイング  210  98
7 13  エリモエクスパイア 613  93
7 14  ブリットレーン   620  −−
8 15  リキサンポイント  650  91
8 16  アドマイヤフジ   110  96

 共同通信杯は一応フサイチホウオーが単勝1.4倍に応えての勝利。でもちょっと物足りないね。レベル的には通常G3程度。ここ2走見た感じ、クラシックの中心としてはちょっとどうかというところまで落ちてきてしまった。まぁそれ以前に◎フライングアップルは、その物足りないフサイチホウオーに力負けだったんだけどさ。

 シルクロードSはかなりレベルの落ちた一戦。◎コスモシンドラーは最後方から直線大外で届かず。想定してた通りの競馬だったけど、これで届かないのなら仕方ない。全馬雪崩れ込むだけの競馬で、最終的に何が抜け出すかなんてわかんないよ。

 ダイヤモンドS予想。このレースで予想されるベストの適性は「532」で、瞬発戦を想定。脚質的には差し馬が100%優勢。前走AJCCで◎に期待したチェストウイングだけど、スムーズさを欠いた走りで最下位大敗。要はここで前走と同じ期待が掛けられるかどうかだと思うんだよね。人気の後追いをしていたら儲けを出すなんて不可能だし、ここはもう一回…という場面だろうか。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.