競馬マスターズ
2019年10月06日15:17 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - 根岸S予想

 

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  トウショウギア   023  96
1 2  ヒカルウイッシュ  430  95
2 3  ヒシハイグレード  121  95
2 4  セレスダイナミック 112  −−
3 5  ダイワバンディット 810  97
3 6  ボードスウィーパー 148  97
4 7  タイキエニグマ   157  95
4 8  オフィサー     021  95
5 9  リミットレスビッド 104  96
5 10  ビッググラス    157  95
6 11 ◎ スナークファルコン 742  95
6 12  シーキングザベスト 021  99
7 13  マルカフレンチ   113  95
7 14  ニホンピロサート  183  94
8 15 ▲ インセンティブガイ 210  94
8 16  アルドラゴン    141  95

 まず東京新聞杯回顧だけど、1、2番人気で1、2着。順当だね。上手く内を突いた安藤勝己と、外を伸び伸びと走らせた武豊。どちらも能力分の仕事はしている。ただ、レース内容としては通常のG3レベル。スズカフェニックスにしてもエアシェイディにしても、ここからG1を目指すとかいう感じじゃないね。

 根岸S予想。このレースにて予想されるベストの適性は「442」で、瞬発戦を想定。脚質的には差し馬が25%優勢。瞬発戦になるかどうかは五分ってとこだけど、瞬発戦だと仮定するならシーキングザベストの適性はちょっと微妙。

 過剰に人気するようなら、瞬発戦決め打ちでスナークファルコンとか狙ってみた方が期待値は高いはず。あとはインセンティブガイがダートで一変する可能性も、オッズ次第では面白いところ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.