競馬マスターズ
2019年10月06日15:17 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - AJCC予想

 

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  チェストウイング  240  98
2 2  グラスポジション  164  91
3 3  インテレット    230  95
4 4  インティライミ   140  96
5 5  マツリダゴッホ   100  96
6 6  ラッキーブレイク  510  97
7 7  シルクネクサス   611  94
7 8  フサイチアウステル 100  93
8 9  ジャリスコライト  000  96
8 10 ◎ エアセレソン    202  97

 京成杯、サンツェッペリン強かったねぇ。ビックリした。あれだけ走られたらラジオNIKKEI杯2歳Sのフサイチホウオーでも勝てなかったかも。今後は逃げ馬になるのかな? あとは、マークされてどうか…だね。◎メイショウレガーロは理想の競馬運びも、それを捉えられずに2着。見込み通り走ってのものだけに、これは仕方ない。

 日経新春杯はG2としては最低レベルのレース。サイレントディールが速いペースで引っ張って、最後は結構全馬バタバタ。瞬発系◎メイショウオウテに、この流れは特に厳しかった。

 AJCC予想。このレースにて予想されるベストの適性は「550」で、瞬発戦を想定。脚質的には差し馬が40%優勢。順番としてはそろそろインティライミの時期だけど、流れが落ち着きそうな少頭数はちょっと微妙だね。それなら長期休養鉄砲実績のあるエアセレソンぐらいのほうが。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.