競馬マスターズ
2019年01月20日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - 朝日杯FS予想

 

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  ジャングルテクノ  131  94
2 2  ゴールドアグリ   200  95
2 3  ドリームジャーニー 200  96
3 4 ◎ マイネルレーニア  120  97
3 5  マイネルサニベル  121  94
4 6  アロマンシェス   220  93
4 7  フライングアップル 300  94
5 8  アドマイヤホクト  200  93
5 9  ローレルゲレイロ  120  94
6 10  エーシンビーエル  030  94
6 11  オースミダイドウ  300  96
7 12  マイネルシーガル  200  94
7 13  コアレスレーサー  310  −−
8 14  アドマイヤヘッド  110  93
8 15  マイネルフォーグ  210  94

 鳴尾記念はクラシック戦線を抜けてきた3歳馬が1、2着。先行有利な馬場に恵まれたとは言え、これはちょっと2頭とも、近走は相手が悪かっただけでG3ならどう考えても力上位ということを認めざるを得ない。同じ位置から仕掛けた◎ローエングリンの差を見るとね、完敗としか言いようがない。

 朝日杯FS予想。このレースにて予想されるベストの適性は「361」で、平坦戦を想定。脚質的には差し馬が15%優勢。オースミダイドウが抜けているとは思わないし、そう考えると今年はちょっと残念なメンバー。マイネルレーニアはマイルぐらいが向きそうな印象(新潟、東京を除く)。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.