競馬マスターズ
2019年07月14日15:13 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 -菊花賞予想

 

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  トーホウアラン   310  93
1 2  ミストラルクルーズ 420  94
2 3  シルククルセイダー 140  95
2 4  タガノマーシャル  302  94
3 5  アドマイヤメイン  320  99
3 6  ネヴァブション   630  92
4 7  マルカシェンク   500  98
4 8  マンノレーシング  421  91
5 9  インテレット    330  93
5 10  フサイチジャンク  400  97
6 11  トーセンシャナオー 410  92
6 12 ◎ メイショウサムソン 620  99
7 13  ドリームパスポート 611  98
7 14  アペリティフ    720  94
7 15  アクシオン     210  93
8 16 ▲ トウショウシロッコ 630  92
8 17  パッシングマーク  500  92
8 18  ソングオブウインド 221  93

 富士Sはキネティクスが久しぶりに強い競馬。7歳だけど、まだせこんな競馬できたんだ。エアシェイディもスズカフェニックスも能力を出し切っての負けだから仕方ない。◎インセンティブガイに至っては上手く内を突いたと思いきや、直線内を通った馬が全滅の馬場。なんなんだろうね、これは。

 このレースにて予想されるベストの適性は「631」で、瞬発戦を想定。脚質的には差し馬が100%優勢。まぁ順位的にはほぼ人気通りかなぁ、上位はオッズほど差が無いような気がするけど。メイショウサムソンって皐月賞前にはこんなことになるなんて思いもしなかったけど、今改めて成績を見るとテイエムオペラオーの雰囲気に似てきたなぁ。今回も一定の能力で走る可能性が高く、しかもそれがこのメンバーでの勝ち負けギリギリのところなんだろうな。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.