競馬マスターズ
2019年03月17日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - スプリンターズS予想

 

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  ビーナスライン   674  95
1 2  タガノバスティーユ 223  92
2 3  レザーク      000  −−
2 4  メイショウボーラー 641  −−
3 5  シーイズトウショウ 489  98
3 6  ゴールデンキャスト 225  92
4 7  オレハマッテルゼ  521  96
4 8  キーンランドスワン 236  −−
5 9  ベンバウン     000  −−
5 10  ブルーショットガン 159  94
6 11 ▲ タマモホットプレイ 436  93
6 12  シンボリエスケープ 253  93
7 13  テイクオーバーター 100  93
7 14  サイレントウィット 101  96
8 15 ◎ ステキシンスケクン 220  96
8 16  チアフルスマイル  885  93

 まず札幌2歳S回顧。てゆうか予想してなかったね。てっきり日曜重賞だと思ってて、レース直前になってから気付く始末。今まで5年以上、ずっと重賞の予想は絶対にWebのどこかに載せてたんだけど、思わぬところで連続出場記録ストップな。別にどうなるわけでもないんだけどさー。

 で、その札幌2歳Sはナムラマースが力強く差し切ったワケだけど、レベル的にはちょっと物足りない感じ。こうゆうゴール直前一杯に伸びるみたいな余力のない勝ち方は次走以降に響くと思う。ここから数走は苦難の道になりそうだ。次走は東スポ2歳S辺りなんだろうけど、連対の芽はないと思うな〜。本質的に長距離に向く馬でもなさそうだし。

 シリウスSは、ごく自然な感じでメイショウバトラーが快勝。審議対象になったのはちょっと冷や汗ものだったけど、レベル的にもなかなかのもの。牝馬G1って2200mと東京競馬場しかないからね(東京マイルは他とは異質)。デビュー2戦目から注目してた馬だけに頑張って欲しい。

 それはさて置き、スプリンターズS。このレースにて予想されるベストの適性は「028」で、消耗戦を想定。脚質的には先行馬が50%優勢。まずシーイズトウショウだけどね、この馬大体見えてきたよ。今までの7勝はすべて平坦コースでのもので、坂のある競馬場(新潟、東京、中山、阪神)では1勝もしていないんだね。この夏の好調も、その前のG1、G2、3着も、全部平坦コースじゃないすか。

 つうことで本命はステキシンスケクン。皐月賞でも◎を打ったのも、今ではいい思い出(Precious memories)。そこで貸しにした数十万、今こそ(少しでも)返済の時! 前走内容もまだ不満なんだけどね、アーリントンカップでのレース振り、潜在能力はG1級だと思ってるから。ぼく、君のこと信じてるから。

 あと、ステキシンスケクンが単騎で行く流れになると仮定するなら、タマモホットプレイ辺りがいつもより前の位置でレースを進め、得意の末脚勝負で結構差してくる…なんて展開を夢見てたりする。例によって洋モノの馬は知らんし興味もないから、来ないでほしいんだけどね。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.