競馬マスターズ
2019年10月06日15:17 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - クイーンS予想

 

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  チアフルスマイル  784  95
2 2  タッチザピーク   300  92
3 3  レクレドール    422  92
3 4  ヤマニンシュクル  810  97
4 5  コアレスパティオ  444  93
4 6  アズマサンダース  422  −−
5 7  ロフティーエイム  530  93
5 8  マドンナブラボー  234  −−
6 9  デアリングハート  440  93
6 10  トーセンジョウオー 520  −−
7 11  マイネサマンサ   373  96
7 12 ◎ ブルーメンブラット 310  92
8 13  シュフルール    771  93
8 14  ホウザングラマー  342  −−

 まず函館2歳S回顧。ちょっと緩い流れになって、後方からの馬にはツラかったね。レースレベルは普通で、特にどうと言う事もないレース。関屋記念は注文どおりの瞬発戦ながら、1番人気テレグノシスも2番人気サイドワインダーも不発。トニービンもそろそろ…かな。2着ダイワバンディットは▲だったけど、1着カンファーベストはまったく考えてなかったなぁ。レースレベルは古馬G3にしてはやや低い。

 そしてクイーンS予想。このレースにて予想されるベストの適性は「460」で、平坦戦を想定。脚質的には差し馬が50%優勢。〜とは言え、このレースの伝統は差し脚よりも先行力勝負。過去6年、4角先頭の馬が勝てなかったのは去年だけなんだよね。トゥザヴィクトリー、ヤマカツスズランにオースミハルカという強力逃げ馬がいたことは確かだけど、それでもヤマニンシュクルには厳しいのではないかと。

 それならマイネサマンサってのが順番なんだろうけど、ここで狙ってみたいのはブルーメンブラット。荒削りだけど、器の大きさは3歳時、デビューから3連勝していたマイネサマンサ以上のモノも感じるよ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.