競馬マスターズ
2019年05月26日15:09 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - アイビスSD予想

 

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  ウェディングバレー 317  97
1 2  ダイワメンフィス  138  96
2 3  カネツテンビー   138  95
2 4  プレシャスカフェ  127  94
3 5  リガードシチー   328  −−
3 6  ホーマンテキーラ  206  98
4 7  スピニングノアール 276  98
4 8  チアズヒカリ    278  94
5 9 ◎ ステキシンスケクン 210  98
5 10  マリンフェスタ   135  95
6 11  キーンランドスワン 136  91
6 12  コスモラブシック  015  93
7 13  サチノスイーティー 234  −−
7 14  レイズアンドコール 273  91
8 15  マルターズホーク  138  94
8 16  テイエムチュラサン 325  97

 また今年も始まってしまった、クソはくぼ。俺としては労働の拘束時間が増えるだけで、いいことなんか何もない。土日の72Rを1時間ぐらいで終わらせてくれたら凄い楽なのにな。このはくぼって本当に支持されてるの? レース数とか分からなくなるし、これだけはホント廃止してほしいんだけど。

 んで七夕賞回顧な。レースレベルは結構上質。メイショウカイドウ、なんだろうねアレは。笑っちゃうよ。2年前「G2でも楽勝できるレベルの馬」と評した、そのままの強さじゃん。小倉以外じゃ、これ合わせても24戦2勝なんだけどさ。

 しかし、もっと凄かったのはプロキオンSのメイショウバトラーだね(こっちもメイショウか)。ハンパなく強ぇ。この馬の2004小倉大賞典勝ちは「牝馬限定戦ならG1勝ちにも相当するレベル」とまで評したんだけど、いやいや、ホント持久力勝負には強いよ。逃げる形にならない、短距離のダートってのはすごくイイかも知れない。

 七夕賞の◎コンゴウリキシオーも、プロキオンSの◎シーキングザベストも勝てるレベルで走ってるんだけど、文句なしにそれより強い競馬されちゃ仕方ないよなぁ。どうも最近こんなのが多いような気がする。5月6月、馬券成績良くないんだわ。

 さて前置きが長くなったけど、アイビスSD。このレースにて予想されるベストの適性は「811」で、瞬発戦を想定。脚質的には差し馬が30%優勢。新潟芝1000mと言えば、1枠の馬でも大外に切れ込んで行くぐらい、それでも8枠の回収率が凄いことになるぐらい、外枠有利って話が一般に浸透してきたんだけど、どうもそれは2004年までの話。

 2005年はとうとう最後までそういった傾向のデータは出なかったし、2006年も今のところ同様。推測でしかないんだけど、JRAが馬場イジったんじゃないの? ヤバイよ、その話の盲信は危険だね。

 この新潟芝1000mってね、私が見るに他の1000mレースや1200mレースとはまったくの別物なんだ。他のは大抵行って止まるだけの消耗戦だけど、ここは「811」の瞬発戦とか、そういう意味でね。だから異質と言えば、他に例がないぐらい異質なレースでもある。

 それだけに、このレースを語らせたら話は尽きないよ。まぁ今年の場合瞬発戦絶対ダメって人気馬は見当たらないし、その点少し難しいかな。逆にどれが一番瞬発ラップに向いてるかと聞かれれば、ステキシンスケクンと答えざるを得ない。次いで、テイエムチュラサンかな? あー、去年の勝ち馬で人気なのか。それじゃ穴馬はナシってことで。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.