競馬マスターズ
2019年03月17日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - ラジオNIKKEI賞予想

 

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  ブロンコーネ    110  94
1 2  タマモサポート   310  98
2 3  ステラマドレード  232  95
2 4  マイネトップレディ 511  93
3 5  マルターズマッシブ 110  95
3 6  アマノトレンディー 401  96
4 7 ◎ アサクサゼットキ  110  99
4 8  ピサノバンキッシュ 210  95
5 9  マイネサンサン   220  95
5 10  ソングオブウインド 111  95
6 11  ニシノアンサー   351  94
6 12  リメインオブザサン 410  94
7 13  トップオブツヨシ  310  96
7 14  リファインドボディ 530  95
8 15  ユキノアサカゼ   700  94
8 16  トウショウシロッコ 430  97

 まず宝塚記念回顧。ディープインパクト、見た目はともかく、内容的には今回の宝塚記念が一番強い競馬だったかも。3000m級で早め先頭の競馬が続いていたけど、やっぱりこれぐらいの距離の方がレース振りはスムースだ。映像的には逃げたバランスオブゲームを交わすのに手間取ったようにも見えたと思うけど、大外回って上がり3ハロンが2秒近く違うんだからね。どうかしちゃってる。

 そしてラジオNIKKEI賞。このレースにて予想されるベストの適性は「244」で、平坦戦を想定。脚質的には差し馬が35%優勢。しかし何だ、このレース名。しかもハンデ戦て。菊花賞へ向けて、一番器が大きそうなのはアサクサゼットキかな。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.