競馬マスターズ
2019年10月06日15:17 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - 金鯱賞予想

 

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  セフティーエンペラ 541  94
2 2  アサカディフィート 591  93
3 3  サンバレンティン  522  94
4 4  エリモシャルマン  520  −−
5 5 ◎ ブルートルネード  940  99
6 6  ローゼンクロイツ  600  97
7 7  エリモハリアー   642  92
7 8  タイガーカフェ   730  96
8 9  エルカミーノ    662  93
8 10  コンゴウリキシオー 601  96

 このレースにて予想されるベストの適性は「451」で、平坦戦を想定。脚質的には差し馬が70%優勢。しかしひどいメンバーだね。全馬凡走の可能性が高く、全馬凡走なら必然的に前残りになる。新馬、未勝利戦や短距離戦に前残りが多いのは、言い換えれば全馬凡走とも言えるワケで。

 ローゼンクロイツが1番人気かな?大阪杯(G2)でも謎の1番人気だったもんね。でもこの馬ってさ、4歳緒戦がローカルハンデの中京記念(G3)になった時点で、陣営もかなり見限ってるようにしか思えないんだよね。今まで見せた最高のパフォーマンスでもちょっとG2は厳しいんじゃないか、ぐらいの馬だから。

 で、そのローゼンクロイツとかコンゴウリキシオーは、中京の平坦ラップが全然向かない可能性も高い。ブルートルネードも微妙と言えば微妙だけどさー。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.