競馬マスターズ
2019年01月20日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - オークス予想

 

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  ブルーメンブラット 310  96
1 2  フサイチパンドラ  200  96
2 3  アクロスザヘイブン 200  −−
2 4  ヤマニンファビュル 301  93
3 5 ◎ ニシノフジムスメ  401  94
3 6  コイウタ      402  95
4 7  ユメノオーラ    524  91
4 8  シークレットコード 200  −−
5 9  カワカミプリンセス 300  94
5 10  アサヒライジング  610  96
6 11  テイエムプリキュア 111  92
6 12  キープユアスマイル 310  92
7 13  アドマイヤキッス  200  95
7 14  ブロンコーネ    110  92
7 15  シェルズレイ    600  95
8 16  マイネジャーダ   541  93
8 17  キストゥヘヴン   311  96
8 18  ヤマトマリオン   420  93

 このレースにて予想されるベストの適性は「910」で、瞬発戦を想定。脚質的には差し馬が80%優勢。しかし参ったね。レベル低いところに、7頭ぐらいが固まってる。これらの馬が能力を出し切ったとしても勝てない可能性は大いにあるわけで、オミクジのようなレースだよ、これは。

 5戦5連対のアドマイヤキッスも、6戦6連対のキストゥヘヴンも悪くはないけど、そんな大した馬でもないし、キストゥヘヴンは桜花賞ぐらいがピークだったようにも見える。ブルーメンブラットやフサイチパンドラは瞬発力勝負への適性が劣る可能性が高いように思えるし、シェルズレイはオークス馬としては爆発力に欠ける印象。

 そうなると能力だけは買っていた(阪神JF◎)アサヒライジングの逃げっきり期待か? しかしそれも後続にどれだけアナドって楽をさせてもらえるかどうかの「他力本願」だからね。G1でそこまで楽をさせてもらうと考えるのは、あまりにも楽観的。それならまだコース適性を利してニシノフジムスメの強襲とかのほうが現実的なような気がする。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.