競馬マスターズ
2019年01月20日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - 天皇賞(春)予想

 

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  ストラタジェム   701  96
1 2  マッキーマックス  531  97
2 3  チャクラ      701  94
2 4  ローゼンクロイツ  600  94
3 5  トウカイトリック  510  95
3 6  トウカイカムカム  452  93
4 7 ◎ ディープインパクト 800 101
4 8  ビッグゴールド   763  91
5 9  デルタブルース   620  97
5 10  アドマイヤモナーク 520  93
6 11  リンカーン     610  98
6 12  ハイフレンドトライ 643  91
7 13  ファストタテヤマ  641  94
7 14  アイポッパー    640  97
8 15 ▲ シルクフェイマス  965  98
8 16  ナリタセンチュリー 350  94
8 17  ブルートルネード  940  94

 このレースにて予想されるベストの適性は「550」で、平坦戦を想定。脚質的には先行馬が25%優勢。ディープインパクトは菊花賞も有馬記念も阪神大賞典も、向こう正面では掛かり気味の仕草を見せていたからね、本質的には1800〜2400mぐらいの馬なんだと思う。それがいつもより派手に出たら一発アウト。そんな感じの一番人気ではあるね。

 普通に走れば「他馬より1秒以上早く、上がり3ハロンを走る」能力。例えば逃げ馬が2番目のタイムで上がってきたとしても、1秒あれば最後方からでも先頭に立てるんだよね。ただ、有馬記念は上がり3F1位とは言え、2位とは0.3秒しか差がなかった。ハーツクライも強かったけど、ディープインパクトがもう0.2秒早く上がってくれば勝てる計算だった。

 まぁ一般的な言葉で言うなら、有馬記念は末脚不発、凡走だったということやね。末脚不発の凡走で有馬記念2着なんだから、もうその辺りは笑っちゃうんだけど、末脚不発の原因はやはり「向こう正面で掛かった」からでしょ。長距離ではそういった不安が常に付きまとう。

 でもね、そうは言いつつも、菊花賞も有馬記念も阪神大賞典も、この天皇賞(春)も、全部ディープインパクト◎なんだよね。派手に引っ掛かる確率なんて分かんないし、鞍上が武豊だからさー。他の騎手だったらここは結構危険だと思うんだけど…。

 で、ディープインパクトは分かってるから2着3着を当てろって? ふふふ…お客さん、競馬における2着とか3着ってのは、1着よりずっと運、不運の要素が大きいんですぜ。1着馬を考えるロジックとはまた違ってくるし、2着3着なんてなーサイコロ転がして出た目買っときゃ十分だって。運が良ければシルクフェイマス、近走悪くないよ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.