競馬マスターズ
2019年07月14日15:13 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - 青葉賞予想

 

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  トロフィーディール 100  −−
1 2  マツリダゴッホ   200  93
2 3  ローレルエルドラド 204  91
2 4  マチカネゲンジ   200  97
3 5  バルバロ      122  94
3 6 ◎ アドマイヤメイン  120 100
4 7  エフセイコー    220  93
4 8  マイネルアラバンサ 210  97
5 9  ゼットコマンダー  400  96
5 10  マイネルシュピール 301  93
6 11  ホーマンアラシ   310  97
6 12  コパノカチドキ   101  94
7 13  エイシンテンリュー 110  95
7 14  マグマノーベル   131  93
8 15  ミストラルクルーズ 210  93
8 16  タニノベリーニ   500  91
8 17  タマモサポート   310  98

 このレースにて予想されるベストの適性は「820」で、瞬発戦を想定。脚質的には差し馬が80%優勢。先週のフローラS(当たったよー)も同じようなこと言ったような気がするけど、重賞どころかオープン勝ち馬もアドマイヤメインただ1頭。何か今年の3歳ってこんなことばかり言ってるねぇ。

 で、そのアドマイヤメインなんだけど能力的にはカナリ抜けてるす。問題はその逃げ脚質、今まで逃げでしか勝っていないこと。東京芝2400mとのマッチングでね、この脚質はこのコースではかなりキビシイんじゃないかと思ってデータを取ってみた。

 たしかに。たしかに逃げ馬勝率は他のコースにくらべてかなり落ちる。でも単勝回収率とか見ると、逆に平均の2倍近い好成績なんすよ。どういうことかっつーと、馬券買う側が「逃げ馬不利」を意識しすぎて逆に逃げ馬が不人気、オイシイ状態になってるってことね。

 オカムラ的にはその他にも瞬発力がどーたら、平坦向きっぽいとか、言いたいことは他にもあるけれど、まぁそれを差し引いても、単勝1倍台じゃない限り買いじゃないかと。かえって、騎手がコースを意識して逃げなかったときのほうが不安だけど、そこはタケユタカだからね〜。逆らわない。いいよ、本来不向きでも勝っちゃっていいよ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.