競馬マスターズ
2019年01月20日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - 阪神大賞典予想

 

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  トウカイトリック  920  98
2 2 ◎ ディープインパクト 700 100
3 3  インティライミ   320  98
4 4  ブリットレーン   651  91
5 5  ファストタテヤマ  641  95
6 6  ハイフレンドトライ 643  96
7 7  チャクラ      700  94
8 8  デルタブルース   620  98
8 9 ▲ アイポッパー    640  97

 このレースにて予想されるベストの適性は「550」で、瞬発戦を想定。脚質的には差し馬が100%優勢。ついにというか、圧倒的だったディープインパクトのアドバンテージが少なくなってきたような。菊花賞(G1)までは常に2位以下に対して4つぐらい数値差があったのにね。あと、菊花賞とか有馬記念を見ると、どうも道中引っ掛かり気味で、長い距離とか良くなさそう。基本的には1800〜長くて2400mの馬かいな。

 …とは言っても2005有馬記念(G1)はハーツクライの詐欺のようなレースだったし、詐欺っつーか、今まで常に後方からの追い込み一手だった馬がいきなり常時3番手につけて同じような末脚を使うみたいな、そんなレースだったし、アレはアレで勝ちに等しい内容だったのでは。

 それぐらいの馬が順調に年明け緒戦、相手は全馬合わせて重賞7勝(G1・1勝)ぐらいのモンでしょ。変に色眼鏡をかけなきゃ有馬記念2着の菊花賞馬が力負けする場面じゃないんだよね。ただ、力負けじゃない負け方、今までよりもっと派手に引っ掛かるとか…その可能性を考えると、単勝1.0倍とか1.1倍じゃあないと思う。たとえここ勝ったとしても、天皇賞(春)はかなり厳しいんじゃないかと、そんな展望も含めつつ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.